2001年 8月23日  瀬戸内ジギンに今年初めて行った。 With ケンさん

BBSでケンさんがジギンに行くと言ってたので、仕事を休みにして急遽 アジアマリーンに電話し予約した。
翌朝4時前発で途中ケンさんと合流し、廿日市マリーナに到着。アジアマリーンは初めて乗るのでちょっと
不安??  サバが良く釣れているらしく小さいジグかプラグを準備するようにとのことだったので、うまくいくと、サバのフルコースが食べれそう!!!

朝市サバポイントに行くが、ナブラが少なく50cmの大型は少なく俺は15cmを2匹。ガッカリ

すぐに移動 今日は大水無瀬、小水無瀬がメインだそうだが途中で、東の方のポイントに寄り道していった。 なんとここ大ヤズのナブラがあちこちで湧いていて、イワシのボールまであった。
みんなは入れ食い、俺とケンさんはそこそこ掛けて、そこそこバラシて結局 3匹ずつゲット。
魚はいっぱいいたのに???   なんとなくみんなと釣り方が違うような気がしていたが、この時は
たいして気にはしてなかった。(この後26日の日曜日にツヨシと2人で思いしらされるのであった)


その後本命の、大水無瀬に10時頃移動  ここはルアー船は必ず行くと言う有名ポイント 大型も出るが釣れても釣れなくても、いつもいっぱい船がいる。
俺はここではほとんど釣った事が無い大好きな場所である。ここで延々と流すが1回当たりがあっただけ。
ナブラがあちこちで散発ながら起こるので、もぐら叩きのごとく走るが行くと沈むで釣れずだった。
ここでは誰か魚を釣ったのだったかなあ??

小水無瀬に移動 餌釣り、ルアー船がたくさん居るが釣れてるのは、餌つりのみ
必死でしゃくっていたら、腕の筋肉がひくひく痙攣してきた。かなりなまってしまている。マッサージをしながらやってみるが、釣れない。みんなは少しはアタリががあるようだ。

ケンさんにヒット  ボトムから上がってきたのは美味そうな真鯛  うらやましかった!!

5時頃から他の船が引き揚げ始めたら、なんと大ヤズのナブラが
ミノープラグで1匹ゲット 他の人も釣っていた。  投げれれば釣れるのだがボートポジションが悪く
投げれなかった。ミヨシで投げて位置を替わってくれると他の人にもチャンスはあるのだが、そのままそこでやり取りをするのではその人だけ良く釣れるのはあたりまえ。

帰り道朝一にはいったサバポイントに立ち寄ってみると、大サバのボイルがあった。
早速ヤマメ釣りに使っているロッド(7.5ft)と10ポンドラインで、小さいメガバスの口がホッパーみたいな奴で投げると、釣れる釣れる。ヤズ釣りより随分オモロイ!!!(これほんと) ここでは俺が目立った。
あっというまに、50くらい釣って帰港。

 

サバは刺身、しめ鯖、塩焼きがすげー美味かった。

釣行記に戻る  メインに戻る   涙の8月26日の釣行記