2002年 1月13日 浜田市の飛翔にジギングに行った。

この船に乗るのは今回が二回目。乗合で浜田、高島方面に行ける
のが、ありがたい。

この船は、ライジャケは必ず着用!!

ポイントに着くと、すでに、周りの船が竿を曲げており、時合の真っ只中って感じ。
今回は、めずらしくそれに乗り遅れることなく、ヒラゴをゲット。竿はやっぱり
極貧スティック。(爆)

調子にのってもう一匹っと思ったらソゲだった。ヒラゴ、ヒラメ
とヒラ尽くし。

おやじも負けじとカサゴゲット。この魚は、地方によっていろんな
呼び名がある。当地ではどうやら”ボッカ”と呼ばれるようだ。

船中にも、周りの漁師にも、ポツリポツリとヒラゴがヒットしている中で
なかなか、魚が回ってこなかったおやじだが、ファイト中の人の横で
必死にシャクリ、ハマチを釣り上げた。ちなみにファイトしていた人が
釣り上げたのは、ヒラゴ。

本日の釣果。左がヒラマサ、右がブリ(の子供)実物を比べて見ると
違いは一目瞭然だった。ヒラゴ 60cm ハマチ 70cm

4時ごろ、ジギン終了。時間がもったいない?ので磯に行った。
ジギング日和と磯釣り日和が一緒に来るはずもなく。当然あたりもなかった。

冬の山陰ジギング恒例の雪取り。

今回は、漁師の船団の中での釣りだったのだけど、やっぱり、漁師は偉大で
当然かなわなかった。大抵の船はカラバリでやっていたけど、数隻電動ジギング
の漁師がいたのには、驚いた。

 

トップに戻る  釣行記に戻る