2004年新春英美丸釣行!!

 

今回は、正月休みで広島に帰省されてきている、さげ氏とともに恒例となりつつある
正月延岡釣行とあいなりました。
今回は、数日前にオオニベの22キロが釣れたみたいで、そんなのが釣れたら
どうやって持って帰るだの、どうやって食うだのと、とらぬ狸に胸をふくらませつつ
待ち合い所に着いたのは、元旦の深夜のことでした。

大漁旗も高らかにいざ出船!!
天気は快晴、ベタ凪。
お神酒と塩をまいて初釣りがスタートしました。

今年もメインは、カラバリ釣法。
特殊?な仕掛けで、アジを釣りそのまま、泳がせて
フィッシュイーターを釣るという、なんとも、わらしべ長者的発想の釣り。

特にこの船では、恐ろしいほど魚を釣らないこの男、二流し目にしていきなり
ヒット。この引きは、ヒラメだなっと船頭らしい事を言ってタモ網を持ってきた
船頭の言うとおり、上がってきたのはヒラメ。
この後も、お客のファイトを数秒見ただけで、パーフェクトに魚種を言い当てる
船頭。相当やり込んでます。

今年も、ベッカム人気は健在。今年のベッカム様は、一回り大きくなっていらっしゃいました。
お腹もパンパン。さぞやでっかい肝が入っていることだろうと期待しましたが、
ただの食いすぎでした。(爆)
去年のベッカムチャンピオンさげ氏、この後も快調にベッカムを追加。
僕も、密かに本命としていたヤガラや、招かれざる客、エソも釣り上げた。

今度は、ジギングでカンパチを追加しようと移動をはじめた矢先、
船は、黒煙を吐き、エンスト・・・。
必死の応急処置で、なんとか、徐行運転できるまでに回復したものの、
前の船を思い出すようなスピードでしか、走れなくなってしまった。(笑)

しかし、船内に漂う重苦しい空気を吹き飛ばすかのように(ホントか?)
快心のひぃぃっと

 

上がってきたのは、小型のオオニベ。このサイズでも、歯ズレを考慮して
あまりテンション掛けれないので、結構苦戦。22キロ釣った人は凄いです。

あんまり、コメントしたくないですが(爆)

ベッカム様と死闘を演じる船頭・・・。

そんなこんなで、一日目のつりは終了。

二日目に行く  釣行記に戻る