浜田沖ジギング


一人ならなんとか乗れるよとのお誘いを、無理を言って二人にしてもらい
仕事モードで、数ヶ月まともに釣りに行ってない、オヤジとともに、
めずらしく、凪に恵まれた日本海へと逝ってきた。

天気予報に違わず、油を流したような凪。最近のベイトはイワシだそうで、
魚探にも、底から中層にかけてバラバラと反応があり、時折、水面まで追い上げられる
らしく、所々で、カモメがたかっていた。いかにも釣れそうな状況で、やはり、開始早々から
回りでは、ぽつぽつヒラゴがヒットしてきた。

ちょっと出遅れたけど、60cmちょいくらいのヒラゴを釣り上げてオヤジにプレッシャーを与えた後、
この日一番の77cmをゲット。前回切られてるので、今回はリーダー20号。太いと安心。

その後、オヤジにも待望のアタリがあったが、残念ながら、フッキングには至らなかった。

 

潮だけならまだしも、風も止まってしまい船が流れる要素がなくなってしまった。
そして、暑い。2月とは思えない。
あれほど騒いでいた鳥たちもいなくなってしまい、沈黙。
隣を見るとあの男も冴えない顔で沈黙してしまっていた。(爆)

この間も、引出しの多い常連さんは、タコベイト等を付けたジグで
大型のカサゴを釣ったりしていた。う〜む、なるほど。

船中ただ一人ボーズの男がいることを不憫に思われたのか、この日は、船長も
終了時間を過ぎてもまだ、ポイントを廻ってくれた。夕方になると幾分潮も流れ始め
待望のひぃぃっと!!しかし、彼には・・・。

駄目押しで、僕も一匹追加した。(複雑)

見ての通りの姿で納竿とあいなりました。(爆)

本日の釣果。

過去の釣行記を見返してみると
前回の釣行(といっても9月)で一人勝ちしたオヤジ。一人ボーズとなった
やまさんを面白おかしく釣行記に書いてこのざまである。

ボーズを笑う者は、ボーズに泣くのです。

ここ数日間、オヤジを笑いつづけた自分を死ぬほど恨むツヨシなのでした。(自爆)

 

釣行記に戻る        トップに戻る