ここに来て出雲が好調との情報があったので、行ってみた。

朝一、鳥山があり、下では、ボコ、ボコっとあちこちでマルゴが背中をだして
餌を追っている。気合を入れて、ジグを投入!!しかし、一向にヒットはなく、

振り向くと、なぜか、ナブラを尻目に、タイ鉛を投入していた船長の竿が大きく曲がって
いた。

 

細仕掛けなので、一進一退の攻防の末上がってきたのは、ジグに見向きもしなかった
マルゴ。5キロはありそうなサイズ・・・。

やがて、鳥山もなくなり、戦意喪失。タイ鉛を使った餌釣りにチェンジした。

レンコダイとオヤジ。しかし、潮が流れなくなり、タイも望み薄。

それならと、ボッコ(カサゴ)釣りに変更。カサゴが釣れないときも、仕掛けを
落とすたびに、餌取りのプルプルとしたアタリが、釣れない釣りに病んだ
心を癒してくれる。(爆)

しかし、餌取りとは明らかに違うアタリでなにやら、ヒット。

上がってきたのは、夢にまで見た?美味そうなアコウ。嬉しすぎます。

そんなこんなで、クーラーはごらんの通り。前から思っていましたが
再確認。餌釣りはいい!(爆)

ジグで釣れない僕たちに、船長は、今はベイトが小さいからジグに食わないんだよ
と慰めてくれましたが、このマルゴの腹の中は、大きなイワシではち切れんばかり
なっておりましたとさ。(自爆)

トップページに戻る  釣行記に戻る