なんだかよく釣れるらしいということで、広島湾で、船からのエギを初めて
3年目。ついに2度目の釣行となった。(爆)

船は前回(2年前)同様、やまさん号。最近密かにあちこちで釣りまくっているらしい。

しかし、ボートでイカ釣りの最大のネックはなんと言っても

↓これではないだろうか?

刺激を与えないように気をつけておけば大丈夫なことも多いのだけど、たまには・・・。
墨の目立たない船内黒色塗装の船か、今話題の光触媒塗装の船を作ってもらわないと。

そんな馬鹿なことを考えつつも、イカはボチボチヒットしてきていた。ただ、だれも釣ってない
パラダイスに思えたこのエリアも、島周りにいるほとんどの船がエギ投げているのには驚いた。

 

うちのオヤジにヒット。本日最大の胴長25センチだった。イカだとなぜか
よく釣るこの男。

それにしても、釣り人の心理は不思議なもので岸からなら迷うことなく沖に向かって
フルキャストなのに、船からだと岸ぎりぎりにキャストしてしまう。

 

日も傾き始めると、徐々にヒットの間隔が狭まってきてダブルヒットも。
今流行りの?ビクトリークロス。
CSの釣りチャンネルとか見過ぎの二人。(爆)

 

さらに、ダブルヒット!調子も出始めて調子に乗ってあまりわかりもしないのに、
「あ、いま当たってます。ほら乗った!」ってかっこつけて釣ってみたら、なんとタコ。
皆から、なんの当たりがわかったんじゃい!と詰め寄られ、面目丸つぶれのわたくし。(自爆)

うちのオヤジもわかってないらしく、でかいイカじゃ!とか言いながら、石の付いた藻をよく釣り上げる。(爆)

圧巻は、夕マズメ。投げたら釣れる状態。その爆釣中に操船して下さっていたやまさんとこのオヤジ様。
そんなに釣れるのならと、アンカリングに切り替えて参戦。一投目からゲットされてました。
このままいったら、クーラーも生簀も満タンになるのでは?と心配しましたが、よくしたもので
まったくの夜になったら、今までのが嘘のように静まり返り、クーラーのみが一杯になるに
とどまりました。

これは、楽しいですね〜。さらにサイズも良くなるであろう今後が楽しみです。
オモリ等を使って深場直撃なども面白そうでまたイカねば!!

トップページに戻る   釣行記に戻る