東京から、はるばるハンマーヘッドなるおしゃれな船を引っ張ってSugaさんがやってきたので
Tonyさんの船に便乗させてもらって、ふたたび瀬戸内に行ってみた。

はじめは、Tonyさんのお船とSugaさんの船の二艘で出撃予定だったが、
天気予報がいい事言わないので、Tonyさんの船のみで出港!

前日爆釣だったアジやタチウオなどを狙ってあちらこちらとさまよってみたが、
時折襲い掛かる豪雨と、昨日とは全く違うという漁探の映像と、まさしく暗雲立ち込める出だしでありました。

しばらくして、船が集まっているポイントで、ハイエナ戦法が功を奏し、デカイアジを釣り上げたことで
明るい兆しが。空も明るくなってきたし。(喜)

そして、ついに鳥山発見。
潮目を中心にあちらこちらで沸いている。前回、タックルがややヘビー過ぎたので
今回は、バスロッドを買ってきた。2800円で!(もちろん新品)
80グラムのジグもシャクれそうな硬さと脅威の軽さを兼ね備えている??

しかしながら、3〜4年も釣ってない瀬戸内のハマチ(ヤズだけど)が、ロッドを変えたぐらいで
簡単に、釣れるはずもなく、ナブラに投げた小ジグは、ラインにヤズの当たってる感触がゴツゴツあるのに
まったくバイトなく帰ってきたりと、苦戦。

それでも、どうにかこうにか、待望のヒット。

そして、ゲット。ジグが変なところにぶら下がっております。ヤズがチェイスしてきてもなかなか食わないので
後ろにハリスを取ってフラッシャーを付けてみました。活性の低い放流ヤマメにスプーンの後ろに毛ばりを
付けるという、邪道な釣り方を真似してみましたが、ジグをくわえたら、針がこの辺に来るよな〜という位置に
スレ掛かり・・・。普通に針付けとけば良かった。(自爆)

オヤジも、シーバスロッド振りまわして釣ってました。

操船に釣りに大忙しのTony船長もヒット。フライングブリッジから豪快にファイト!
そこら中で、沸いてはすぐに沈むナブラを、追いかけたり、先読みして待ったり
アイドリングストップに協力したり?といろいろなアプローチでアシストしてもらいましたが、
乗組員が、ボク(ツヨシ)、オヤジ、など決定力のない人々のため、ナブラを前に、ガイドに糸を絡ませて
みたり、着水と同時に藻が引っかかってみたり、弁当を食っていたり、カモメの猛チェイスに気を取られていたり
バラシてみたり・・・・とご迷惑をお掛けしました。(自爆)

ベイトサイズが小さいためか、ルアーに反応悪く、スレが多かった。

 

大きなベイトボールを見つけて、ルアー直撃してみると、一発でSugaさんに来たのは
本日最大でした。実は、ここまで、唯一ノーフィッシュだったSugaさん。一発逆転の一匹。

その後、激流のポイントでナブラを見つけ、オヤジにヒットしたのは正真正銘のハマチサイズでしたが、
あえなく、バラシに終わってしまいました。

4年越しの瀬戸内ハマチ(ヤズだけど)を釣り上げることができ、久しぶりに再会したSugaさんと
楽しく釣りが出来て本当に良い一日でした。
いままで、プロの遊漁船ですらボクには釣らせることができなかった(自慢することか!)
瀬戸内ハマチ(ヤズ)を釣らせてくださったTony船長ありがとうございました。

そして、箱も袋もメーカー名もない2800円のバスロッドありがとう(爆)

トップページに戻る   釣行記に戻る