2004年、BBSでもお馴染みのTonyMihaさん(以下Tonyさん)の愛艇に
乗せてもらって、変な御一行様が瀬戸内で釣りを楽しんだ・・・。

朝、他の人には、時間厳守!!遅れたら置いていきますよ。と言っておきながら、
いきなりの遅刻。いきなり、ヒンシュクを買いつつ、出港。(みなさん、ごめんなさい)

遅刻の甲斐あってか、釣り場に着いた頃には、ちょうどいい具合に潮が止まっていた。(泣)

Tonyさんの船でのクルージングは快適そのもの、漁探が、2箇所のでっかいモニターに映し出されて
いて、見てるだけでも楽しい。
そして、漁探に映し出される真っ赤な魚群の反応のなかで、オヤジにヒット!!

 

流石である・・・。

しばらくすると、ところどころで、単発ながらライズがみられはじめ、船の近くで沸いた
わずかなチャンスをモノにして、ヤズをゲットした、Hiroさん、やまさん。
ボクも、懸命にキャストしていたのだけど、持ち前の決定力の無さが浮き彫りとなり・・・。(撃沈)

 

そして、その後、移動を繰り返し、サビキでアジ、ベラ、スズメダイを釣ったり、
泳がせをして、アジにエソの歯型がついて上がって来たり、単発ライズを見つけて
ポッパーにバイトがあったけど、乗らなかったり、と、まあ、いろいろあったのですが、

日も少し傾きかけてきたごろ、相変わらずの、単発ライズで、でかいポッパーには、出が悪いし
小さなジグで勝負するほどの頻度でライズもなく、攻めあぐねている中、細身のペンシルを操る
やまさんに、ヒット。なんでも、PE0.8だか、1号だかで、楽しげに、見せ付けるようにファイト。
ファイトシーンも写真に収めたけれど、悔しいので省略!(爆)

ボクが、網で追いかけ回す等の妨害行為をしたにもかかわらず、キャッチ。
その後、帰港するまで、やまさんのニョキニョキと伸びた鼻は、収まる事が無かった・・・。

 

前回も、Tonyさんの船に乗っているファイヤーファイター氏とその息子であり
ボクの同級生のヒロシ氏も乗り込んでいたが、ファイヤーファイター氏は、またしても、
終始、船酔い?で船室で危篤状態でありました。(爆)

ヒロシ氏、いかにも釣りそうな後姿をしておりますが、ベラ一匹。
ジギング初挑戦で釣れるほど、瀬戸内のハマチは甘くないぞ。ボクは
3年も釣ってない。(自爆)

 

夕方になり、大規模なナブラを期待しましたが、それもなく、ジギングをしていると
タチウオが釣れました。どうも、時合いのようで、流すたびに釣れたり切れたりしましたが、
ボクのシャクリが気に入ってもらえたのか、太刀魚に関しては、僕が竿頭でした。イェーイ。

 

 

Tony船長(左)とHiro漁労長(右)、Hiroさんのナブラを見つける目には、恐れ入りました。
ほんのわずかなライズでも見逃さず、カモメも真っ青でした。
もう少し、ライズやナブラが頻発すれば、さらに、面白い展開になったと思います。

Tony船長、朝早くから夜までありがとうございました。また、よろしくお願いします。
ぼくに、3年越しの瀬戸内ハマチを釣らせてください。

 

おしまい。

トップページに戻る   釣行記に戻る    2週間後の釣行記に行く