2005年、春の釣りを適当に・・・。

今年の春は、休日と凪が重なることが多く、ジギングに行くことも多かったけど、
相変わらずの、地磯歩きも続けていた。

そろそろ、まともなサイズのヒラスズキに出会えるかと思いきや、その道のりは
遠いみたいで、相変わらずのヒラフッコ、マルスズキに終始。

ちょっとでも行けそうなところには、必ずロープが。磯釣り師の開拓精神と努力には
頭が下がります。こんなポイントを数カ所はしごすれば、足はガクガク、息も絶え絶え。

ワンパターンな状況に持ち込むと異様な強さを発揮するオヤジ。

新しいエリアでの釣りを目論んでいたのに、その計画が一つも実行に移せなかったので
いまいち実りの少ない感じになってしまった、春の磯ルアーでした。(反省)

そんでもって、ウエムラ。さんのお誘いで、春のアオリイカ釣りに初挑戦。

首尾良く、自己記録更新の大物??を釣り上げることが出来ました。
周りでは、2キロ級のお化けみたいなのが上がっており、ちょっとビックリな
山陰のアオリイカ釣りでした。ただし、肝心の?お味のほうは・・・。

後ろで、羨ましそうに指をくわえているのは、案内してくだすったウエムラ。さん。
広島方面のシーバス名人なお二方であります。

今年になって、北九州方面も含めて、そーとージギングに行っているボクですが、
ヤズ数匹を除いて、青物はすべて岸から釣っているという状況。
釣り場の選択も、粘るも止めるも自分で決めれるし、なにより、一人なので、
隣の人にボコボコ釣られて、自分を見失うこともなく、メンタルの弱いボク向きかも。(自爆)

あまりのジギングの不調ぶりから、もはや、メタルジグは魚を釣る道具とは思えず(笑)
トップばかり投げていたら、意外と効果があったみたいだった。

 

そして、この時期、もっとも熱いはずだったサツキマス釣り。オヤジもボクも、サツキマスと
思えるような魚は一匹も釣り上げることが出来ませんでした。(涙)
30センチ前後の銀化アマゴ??みたいなのがポツポツ釣れるのみ。
雨がもう少し降って欲しかった。

釣行記に戻る      トップページに戻る