ジギンガーよ鯛志を抱け!?

出雲のジギングでウエムラ。氏が10キロオーバーのブリを釣ったとの情報(自慢)が
あり、オオブリゲットを夢見て、漢達は、出雲へと向かった!!

沖に出ると、いきなり、巨大な鳥山に遭遇、急行してジグを二、三度上げ下げしたが、
当然、アタリはない。ふと見ると、船長がいきなり、鯛鉛を投入、すぐさま、穂先がガクガクと
揺れて、ぐわぁぁんと絞り込まれた。大ブリの夢はもろくも崩れ去り、鯛釣りがスタートした。(爆)

じつは、かねてからかなり、興味があった釣りで、道具も餌もしっかりと準備されていた
ので、ありました。すぐにヒットで、オヤジには、良い型のレンコダイ。

ナイスサイズ。100m以上もある水深から、水面間際まで引きをやめない鯛。
おもしろいことこの上ない。

釣り方は、鉛が着底したら、スロー〜ミデアム?リトリーブ
で、20mくらい巻き上げて、再び着底。巻き上げの間に、コツコツ、カツカツとしたアタリがあって、それでも
ゆっくり巻きつづけ、竿に十分に重みが乗ったところで合わせるというのが基本らしい。

さらに、ナイスサイズ。PE1号にバスロッド。面白すぎる。(喜)

ベイトタックルが基本みたいだったけど、気の利いたベイトリールは持ってなかったので、
有り合わせのスピニングでやってみた。とりあえず、そんなに不便は感じなかったけど、
ベイトタックルのほうが、しっくりくるような気はした。

しかし、釣果は、ボクが鯛を7枚釣り上げて、竿頭だった。(自慢)

ハリバットばりの、巨大ヒラメを釣り上げた船長。鯛もたくさん釣らせてもらったのに
このヒラメもちゃっかり頂いて帰っちゃいました。(笑)
大きすぎて美味しくないかと思いきや、めちゃ旨。膨大なエンガワは圧巻でした。(爆)

そんなわけで、夢にまで見た、100Lクーラー満タンの大漁でした。

これから、のっこみの時期に入り、鯛はさらに、有望だそうです。
ブリも例年釣れる時期だし、また、近いうちに行かねばと思案中。

ツヨシ

トップページに戻る  釣行記に戻る  小づちやさんのHP