2005年の夏から秋にかけての釣行を、ダイジェストで・・・。

最近、お世話になりっぱなしの、Tony船長に乗せていただきよく瀬戸内海に出撃しました。
暑さもやわらいで、あちらこちらでナブラのあるベストシーズン?のようで
毎回、たくさんのナブラに遭遇しましたが、持ち前の決定力の無さが際立ち、
さらに、日曜日ということで、競合する船が多かったりで、なかなか難しい状況でした。

オヤジ、執念の1匹。Tony船長のお船は、今シーズン、ハマチボーズ無し記録更新中!
この日は、乗組員が悪く、なんとか、記録ストップにならずに済んだのでした。(汗)

さらに、タチウオジギングも。船長直伝、100均で売ってる紫色のテープ
を貼ったオヤジは良型を連発していた。
シャクリ方なんかで、釣果に差がついたりするし、それがまた、ころころ変わって、
さっきまで好調の人が不調になったり、また逆だったり。
魚探に反応があったところに仕掛けが入ると、大抵当たりがあるし、面白い。

さらに、島周りで、アオリイカや、トップにチヌががんがんアタックして来たり(よー釣らんかったけど)と
毎回、面白いことに遭遇して楽しめました。

そして

秋来ると目にはさやかに見えねども・・・

ではないけれども、そこはかと無く、秋の気配がすると、途端に磯に
行きたくなる。

でも、行って見れば、まだまだ、灼熱で、地磯道も夏場人が来なかったせいか、
草ボーボー、おまけに凪だったり。(涙)

泣く子も黙るワイヤーで渡る磯。ちょっとぶら下がって記念撮影。とても渡れそうにありません。
(海抜6m!!冷汗)
ヨコワらしきナブラを目撃したりはしたものの、これと言ってパンチの効いた釣果はなく・・・。

マルスズキが釣れたり、

マルスズキが釣れたりした。(笑)
ルアーの種類や、引き方などを研究せず、釣果不振をひたすら、歩く
距離で解決しようとするため、かな〜り疲れる釣りになっているけど、
いま、僕の中では、一番楽しい釣りと言っていいかも。
磯はきっとこれからの時期が本番のはず!??

さらに

今年は、実に中学生以来のブラックバス釣りに、少しはまってました。
仕事が終わってから、近所の川や池に。

これが、やってみると面白い。釣具屋には、いろんな種類の
ルアーが売ってるから、選ぶのも楽しいし・・・。
良く考えて作られているな〜と関心するものも多い。

今流行りの、S字系ビックベイト?で釣った50アップ。
中学校時代とは、比べ物にならないくらい釣り人がいて、なかなか釣れませんが、
釣りチャンネル見過ぎのため、気分はすっかり○○帝国やビック○イトに。(爆)

朝夕は、肌寒くなり、すっかり秋めいてきました。
アオリイカに、磯シーバス、ヒラマサ、日本海ジギング、泳がせ、バス・・・
これからも、楽しい釣りが出来ますように!!(祈)

ツヨシ   

トップページに戻る   釣行記に戻る