再び 出雲に鯛鉛に行った。 2005/03/28

日曜に仕事して月曜日を,サボって今流行の、鯛鉛(ごく一部に)
鰤、マルゴのジギングとほぼ同じ釣り場であるが、この仕掛けでやると
マダイ レンコダイが釣れる。 まれにマルゴも
平素の行いの良さか ベタ凪 誰かさんと行くとこうはならない。

これが鯛鉛 ヨーズリから市販されている。15号から30号くらいまである。
冷凍エビを2匹付ける。ほぼ半日で1パック必要
船長は軽いほうが良いというが、軽いと着低まで時間がかかる。(120m)
今回は20号を使用 根掛りはほとんど無いので、予備が一つあれば大丈夫?

竿はTHE TAINAMARI という専用ロッドが小づちや制作(工房ブロンコ)で売られている
これに小さいベイトリール PE1号 リーダー フロロ5号 6m これが標準

良型のレンコダイ ツヨシのタックルは非標準の、安物バスロッド&スピニング
リーリングスピードの最適化でレンコを連発 マダイは?

 

今回は東広島船釣りの長老 奥田さんを誘って行った。大鯛とファイト中
彼の竿は正統派 THE TAINAMARI その前でやっと釣れたマダイのツヨシ

初めて釣った 沖メバル 美味かった。

さらに非標準の安物バスロッド+小型ベイトリール これで結構な大物でも
大丈夫? 竿尻が短くて脇に挟めないので非常にきつく 何倍も楽しめる!!
あまりにきついので帰宅後 折れた竿のグリップを17cm追加した。

あがって来たのは今回最大の65cm

船長と奥田さん  ビクトリークロスはしてもらえなかった??(ご存じなかった)

春です 100Lクーラーは桜色!!
小型レンコは頭から真っ二つに背開きにして振り塩で、一夜干にした。
これは大正解 姿はいいし 味も最高  今回も楽しめた 鯛鉛でした。
ジグはもっていったけど、一回もフォールしなかった。
お誘いした長老はいたくこの釣りを気に入られ、喜んでもらいました。
俺たちが誘って喜んでもらえたのは初めてではないか??
大抵ひどい目に合って懲りる人が多いような気がする。

TEXT by おやじ

釣行記に戻る        トップに戻る