毎度、お世話になっているTony船長のお船に乗せていただいて
瀬戸内に出動!!

今回、集まったのは、漁労長がすっかり定着、Hiroさんと、破竹の
快進撃で、ジギング地獄に首まで嵌まり込んでるウエムラ。さん。
そして、もちろんTony船長と撮影班?のボク(ツヨシ)

事前の情報では、70〜80cmぐらいのハマチが何処かわからないけど
結構釣れているらしいのだが・・・。

得意の出たとこ勝負で、今回も出港!!

もちろん、覚悟はしていたけど、そんなに甘いものではなく、夕方まで、これが
唯一の釣果。ゴカイと天秤を持ってきていて良かったといった状況。
思い当たるポイントは、しらみつぶしに回って、この状況。途中何度か、申し訳程度
ナブラに遭遇したものの、あまりに、散発的で、ベイトも極小で、なすすべなし。

夕刻になり、そろそろ、帰りましょうか・・・。と港にむけて走り始めたとき、ウエムラ。さんが
ライズを発見し停船。ほどなくして、水面を走るトビウオに数匹のハマチが襲い掛かる光景が
目の前で。
船内は一挙に色めき立ち、ポッパーによる一斉射撃が始まった。(爆)

で、ファーストヒットはHiro漁労長。ショアハマチのエキスパート。
ファイトも手馴れた物です。

 

そして、見事キャッチ。その後は、ライズ等はないものの、
船を漂流させつつ、四方八方にトップを投げていたら、突然飛び出してくる
状況で・・・。

名物?Tony船長のお立ち台ファイト。(笑)フライングブリッジにて、
操船しつつキャスト。ナブラも発見しやすいし、360度??キャスト可能。
沖堤を思わせる足場の高さに、11fの竿が大活躍。

何度か、すったもんだ(爆)があったものの、見事にキャッチ。

そうこうしていると、突然、巨大なナブラが沸き起こり、お祭りが始まった!!
爆発的ナブラは、四方に逃げ惑うトビウオとサンマを追って、徐々に拡散。
見渡す限り、そこかしこで、トビウオが飛び、サンマが跳ね、ハマチが走る状況に。

そして、見渡す限り、他に釣り船が一艘も居ない・・・・。

右!左、左。後ろ!!と、誰もが、自分の前にあるナブラに行くようにと
船長に叫んでいる。(笑)
そんな中、ボクにハマチがヒットしたが、誰もかまってくれず、一人で
掬う羽目に。

そして、ウエムラ。さんにもヒット。

この、ごっつい腕に引き寄せられては、ハマチもたまったものではなかった
だろう。(笑)

バイトシーン。トップウォータープラグに、数匹のハマチが、先を争う
ように追っかけては,来るのだけど、

「おまえ、食えよ。」「お前こそ、食ってみろよ」「俺、やっぱ止めたお前食え」
てな、ハマチの話し声が聞こえてきそうなほど、肝心のバイトには至らないケースも
多くて、ルアーの種類を変えたり、アクションを工夫してみたりと、
楽しめる釣れ方だった。

本日の釣果。40キロ以上の水揚げになった。(喜)
どれも、丸々太っていて、腹身のあたりは、寒ブリに迫る美味さだった。
(ただ、ブリ釣った事無いので、寒ブリ食べた事ないんですけどね。(自爆)

ナブラ打ちは、飛距離と、なにより厚かましさが大切。そして、竿頭
なボク。誰にも、写真を撮ってもらえてないあたりに、その行いの悪さが
伺えます。

数々の幸運に恵まれた今回の釣行。
Tony船長はじめ、皆様、そして、最後にこんなドラマを用意してくださった
海の神さまに感謝です。

うれし〜よ〜。ありがとうございます!

ツヨシ

トップページに戻る  釣行記に戻る