ちょっと前の話になりますが、この秋の釣りを・・・。

年に一、二回思い出したように出かける、OK島にフェリーで渡って、主にイカ釣りを
してみました。

満月、無風、エギンガー満員といった条件でした。(笑)
港をのぞいてみても、ベイトやタチウオもそんなに居なさそうなので、
海岸沿いを走りつつ、空いてるところを見つけては、エギを振ってみました。

当然、大苦戦、意外とイカをよく釣るオヤジは、25aくらいのも釣ってましたが。
まあ、早い潮に逆らって巻いてくるので、相当な重量感は楽しめます。

エギ釣り人の大半は、地元の方のようだったので、ここまではあまりしないだろうと
満月をいいことに、ちょっと歩く磯チックなところに突入したりして、なんとか、お土産確保といった
状況でした。

その後、港でサヨリについたシーバスとタチウオのスーパーボイルを指をくわえて見学
したりと、なかなか楽しめた一晩でした。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

そして、山陰の磯にルアー投げに行く日が多くなるもの、この時期からで、
ちょくちょく行っております。

今年は、なぜかイルカに好かれてるみたいで、いつ行ってもイルカに遭遇。
かつて、宮崎の磯で、朝日に透かされた大波の中をイルカが横切るのを見たときは
鳥肌が立つほど感動したりもしましたが、あまりに頻繁に現れられては、
ちょっとゲンナリです。

オヤジが、岬を回りこんで、一人で先に行って釣ったマルスズキ。
本人曰く、80センチはあったらしいのだけど、なにせ、USO−800
考案者なため、真偽のほどは、不明。(笑)

去年ぐらいから、結構、一箇所に入れ込んで行っていたのだけど、
思ったほど、凄くもないので、また、最近は、地図や航空写真とにらめっこ
しながら、あっちこっちの山道をさ迷い歩くのが、楽しくなってます。

この木が折れたらただでは、済むまい・・・・。

ヒラスズキを!!と思って歩き始めた山陰の磯でしたが、一向に釣れてくださる
気配がなく、ショアジギングっぽいことや、広島の著名なブログを見て、メバル釣り
っぽいことに挑戦してみたりと、いろいろやってみてますが、これらも、なかなか
難しくて、よう釣らないのが、現状です。

お父さんか、お母さんをつれてらっしゃい!!

 

トップページに戻る   釣行記に戻る