2006年初釣り 宮崎釣行 Day1

今年も恒例の英美丸釣行。

正月英美丸といえば、アジの泳がせで、ヒラメ、カンパチ、オオニベといった
魚を釣るものと思っていたが、今年は、なんと、船長が自信ありげに、
ジギングタックルを持って来い!ジギングじゃ!!と言う。
ボクは、去年の春、あまりに悲しい出来事なので、闇に葬り去っていたのだけど、
ほんと、すごくジギングに行っていた。見島、壱岐、角島、出雲、伊予灘・・・
名の知れた一流の船長さんの船で、概ねベストと思われる時期に、一度も
休むことなく、必死のジャーク、10数回に及ぶ釣行で得られた釣果は、

ウッカリカサゴ1匹、極小ヤズ数匹・・・。

となりで、マグロだの、小ブリだのを釣って高笑いのオヤジの存在も苛立ちに
拍車をかけていた。(爆)

ジギングの神さまに完全に見放されたと悟り、次第にジギングが嫌いになり
お盆の英美丸カンパチ以降、一度もジギングをしなかった。

という訳で、ジギングをするという、言葉にかなりの不安を憶えつつ、
出発と相成った。


年々、道路事情も少しずつ良くなり、今回は、途中、飯や、釣り具屋によったり
しながらも、6時間という、ベストタイムをたたき出し、現地入り。

年々、快適さが失われつつある(爆)待合所で眠りについた。

これまた、毎年恒例の神事が厳かに執り行なわれ、英美丸での初釣りが
スタートした。

とりあえず、最優先課題の、晩飯の鍋の具材を確保すべく、おすすめ、カサゴスポットに
鯛鉛イカ着きを投入。瞬く間に、5匹のリミットメイクした直後、オヤジの安物カワハギロッドが
強烈に絞り込まれ、アコウじゃ〜、ハタかも〜と船内の期待を一身に受け上がって来たのは、
コブダイ・・・。

船内が、微妙な空気に包まれるも、とりあえず、ビクトリークロス!

さて、鍋の具材も揃ったところで、ジギング。やはり、この時期につきものの北西風で
まあまあ、時化。しかしながら、この時期に、船に乗って釣りが出来る事自体がすごいのだ。
冬型には、めっぽう強いこのエリア。正月釣行6回目?だけど、一回も中止が無いのは、
最高の強みだと思う。

オヤジにひいいぃっと!!強烈な引きで、ドラグ出されたり、のされたり
している。ボクは、カメラを構え、切られるとふんでいた。(笑)

しかし、めでたくゲット。素晴らしいプロポーションで9キロ。
これで、胸を張って広島に帰れると、胸を撫で下ろしたものの、
また、オヤジかよ。どうせボクには釣れませんよ!これだからジギングは・・・。
とジギングの神さまを逆恨みしていた。

しかし、一縷の望みをかけて真剣にしゃくっていると、ついにジギングの神様
が降臨!!

これまた、9キロサイズをゲット!!ジギングサイコー!(爆)
ちなみに、カサゴ釣り一人ノーヒットだったため、これが、2006年初魚。(喜)

とりあえず、2匹釣れるとお約束の、ビクトリークロス。

その後、一流しごとに、5キロクラスがヒットし、生簀満タンで一日目が終了した。
最高の新年の幕開けとなった。

夕食、鍋奉行のなっちょらん丸船長の強烈なリーダーシップ?により、絶品鍋
完成!美味かった〜。

そして、食後の楽しみ。バス釣りゲーム。(詳しくは2004正月2005正月参照)
期待に胸膨らませ、箱からだし、スイッチオン・・・。回らない。

あ、電池切れてるんだね。これに替えてッと・・・。回らない。

さようなら、バス釣りゲーム。(号泣)

ちょっとセンチメンタルな気分で、一日目の夜が更けて行った・・・。

さらなる爆釣の二日目に行く 

トップページに戻る    釣行記に戻る  英美丸のHP