2006年 春

いつもより寒かった冬と、仕事に追われまくった年度末もようやく終わり、
釣り人待望の春のシーズンがやってきた!!

とは言え、この時期、天候の変化が早い上に、読み辛い感じで、おまけに
冬の間に膨らんだ妄想のためか、現実性を逸脱した無謀な釣行をしてしまう
癖が出るのもこの時期で、いまいちお魚に結びつかないのは、毎年のボクの
パターンのようです。

そんなボクたちに、釣れてくださった貴重なお魚たちを紹介します。

日が長くなってくるので、仕事から帰ったあと近所の池でバス釣りが出来るのであります。
これがなかなか、やり出すと楽しい。あまりに見事な魚体と家から激近だったので、オヤジに
カメラを持ってきてもらった一匹。たぶん55cmくらい。

こちらは、見事なダイエットに成功したマルスズキ。

今度こそ、まともなサイズのヒラスズキが釣れやしないかと、磯にも何度か行ってみました。
これが、なかなか、良い天候に恵まれず、この日は、大時化で、これ一匹。

そして、この日は、凪でこれ一匹でした。一応ヒラスズキの幼魚。

さらに、去年の年末に行って、マルスズキを爆釣し、味を占めたやまさんと
いった日もありました。

山陰の海岸は、海流と風向きのためか、某大陸や某半島から来たと思われるゴミがたくさん
流れ着いているのだけど、今回は、かな〜り怪しげなものをハケーン。
兵隊の形をしたプラスチック製の板??
表面には、鉄砲玉??(にしては、ちょっと小さい感じだけど)の穴が無数に開いており、
ナイフで突き刺したような傷も・・・。いかがなものか・・・。

長いマルスズキ。
高い足場から、ルアーを丸呑みするシーンが丸見えで、楽しめましたが、拾いに行くのが
大変でした。(笑)
磯に居着いているのか?活性の高い、低いはあるものの、今日はヒラや青物は到底無理だな〜って
時でも、お相手してくださるこのお魚様には、いつも大変感謝しております。

さらに、ヒラセイゴまで釣り上げたやまさん。前回爆釣だったので、今回は、磯ルアーの
釣れない現実と厳しさを味わってもらおうと思った??のに、なかなか運のよい人のようです。

それにしても、まともなサイズのヒラスズキは、いつまで経っても釣れてくれる気配がありません。
釣り方や、場所(たぶんこれ)を変えていく必要があるんでしょうね〜。(悩)

さらに、春といえば、渓流ですが、雪代と長雨を思うとなかなか足が向かず、いまだ一匹も釣り上げて
いません。サツキマスに期待!!あ〜ジギングも長らく行ってないな〜。

春もいよいよこれからが本番なはず!!よいお魚と出会えますように!!

おしまい。

ツヨシ

トップページに戻る    釣行記に戻る