前回、やまさんが大金星のマグロを釣り上げたので、調子こいてまた行ってみた。

今回は、去年壱岐釣行にお誘いし、壱岐地獄を味わっていただいたレスキューさんが
参加され、マグロがでか過ぎてクーラーに入らなかったら・・・などなどかなりヤバイ会話を
しつつ、二週間前も通った道をひた走った。

ときに、まったく釣りをしない人に、釣りが趣味などと言った場合に

じゃあマグロを釣ったことがあるか?などと聞かれることはないだろうか?

当然、ボクは釣ったことがあるので、ある!!と答えるのであるが、
そのマグロと言うのは↓なのである。(自爆)

(注、この写真はイメージです。これがどなたかわかる人は相当なマニアかご本人です(笑))

結局何が言いたいのかさっぱり判らなくなってしまたけれども、要するに、マグロは釣りをする人も
しない人も価値を認めるすご〜いお魚だと言うわけで、こんなお魚釣りに日帰りで比較的簡単に
エントリー出来るってすごいな〜と思いつつ、今回も出船と相成ったのでした。

今回も、福岡のさくら丸さんに乗せてもらって、福岡の街を横目に
いざ、出動!!

 

まずは、ジギングからスタート。程なくして、レスキューさんにヒットしてきたのは、ナイス
なヒラメでありました。これは、今日は釣れる日なのか??と思い、懸命にシャクりました。

そして・・・

いりこやさんにヒット!!
電動でも手動でもよく釣られます。

これは羨ましい。大変旨そうなタカバ。

こう書くと連続ヒットしたかのごとく見えますが、この間には、なんと6時間
もの時間が流れているのでした・・・。

しかしこの頃から、待望のマグロがボンボンと跳びはじめて、クライマックスがやってきたのでした。
漁師さんの密集したところで沸くことが多く、やはり苦しい戦いだったけども、遠巻きにしていた
僕たちの近くでナブラが沸くという絶好のチャンスもありました。船の右でも左でも沸いてると
言った状況に判断を狂わされ(言い訳)またも、チャンスをものにすることが出来ずに、
また、ボウズ記録を一つ積み重ねたのでした。(笑)

漁師さんには、よく釣れているようでした。

カモメが水面に舞い降り、水柱とともに、黒い砲弾が海面から飛び出し、船が
一斉にそちらに舳先を向けて走り出す。

鳥肌が立つほどに興奮した今回のマグロチャレンジでした。

おしまい

ツヨシ

トップページに戻る     釣行記に戻る