出雲ジギング、餌釣り 

いい天気と凪が続くことが多かったこの秋、久しぶりに低気圧が来て、
数日海が時化て、それが収束に向かっていた。

いつもなら、小躍りしながら磯に直行っと言った状況ながら、
今年は、なんか磯でいい目を見てなくて、

息も絶え絶え磯に降りてみると↑こやつの大群が大暴れしてたり、
抜群のサラシを前に、ノーバイトだったりと散々・・・。
そんなわけで、ちょっと磯へのモチベーションが下がり気味だった。

それで、時化後が良いのは、これも同じだろうと、もういい加減行き過ぎなんだけど、
ジグと餌釣りの両方が出来るのが楽しくて仕方ない、ただ今、マイブーム中の
出雲こづちやさんにお願いして出船!!と相成りました。

別船では、見慣れた大柄な人(笑)が手を振っておられます。

今回は、ジグもしゃくりつつ、竿受けに電動をセットして、カラバリ仕掛けを操作して
イサキが掛かればイサキを釣り上げ、小魚が掛かれば、それでマルゴを釣ってしまおうと
いう、理論上は完璧な作戦。(注:今日はオヤジと二人で貸切です)

しかしと言うか、やはりと言うか、二兎追うものは一兎も得ず。
この格言を思い知らされることとなり、ジグ一本でシャクルオヤジと船長にマルゴ連発!!

駄目押しにオヤジは6キロ強の小ブリまで釣ってしまいました。この間、無論ボクも
置き竿に目をやりつつも、必死にジグをしゃくっているわけですが、一回もアタリ無し(号泣)

ちょっと涙があふれそうになってきた頃・・・

やった〜ついにジグで魚が釣れたぞ〜!!ナイスなサワラ。底に着いたのかと
思い巻き始めたら、釣れてた・・・。

さらに

 

ふと竿受けに目をやるとカラバリ仕掛けの置き竿が絞り込まれてる!!(喜)
憧れだった電動ファイトを楽しみながら、マルゴゲット。

釣ったんじゃない!釣れたんだ!!

みたいな感じであります。(苦笑)

なんか、竿先が小刻みに揺れてて、イワシかなんか掛かってるな〜と思いつつ
ほったらかしておいたのが、良かったようで。

さすがの、連続ヒットも一段落し、絶好調のオヤジと船長もたま〜にマルゴやサワラを
釣り上げるといった状況に。
こんな時こそ、餌つりの出番と、魚探に映し出される反応に仕掛けを持っていこうと、
リールのカウンターと魚探のモニターを交互に凝視してたら、なんと久しぶりに重度の
船酔いに・・・(涙)

なんだか、例年この時期に、15キロとかいった超ど級大ブリが釣れることがあるらしく、
船長とオヤジは、元気にジグをしゃくり続けている中、ボクは、喉の上まで出掛かった、
ゲ○と「もう帰りましょうよ」の言葉を必死に噛み殺しつつ終了時刻を迎えました。(笑)

そんなわけで、本日の釣果。いろんなベイトが混在してるみたいで、
アジ、カタクチ、ウルメ、チリメン、イカ、といろんなものをどれも腹いっぱい
食べていて、かなり美味しうございました。

今回も、個人的なジギング釣れない病は、克服するどころか、完全に悪化して
しまいましたが、十分に楽しめた出雲釣行でした。

めでたし、めでたし。

ツヨシ

トップページに戻る   釣行記に戻る   こづちやさんのHP