去年、ジギングの合間にやったのをきっかけに、空前の
大マイブームとなった鯛鉛釣りの季節がやってきた!!

仕事と天気と相談しつついざ出陣!!

なんでも、前日は爆釣だったらしく、自信満々の船長とは、
裏腹に、一流し目も、二流し目も不発・・・。

いやな雰囲気があたりを支配し始めた頃に、

オヤジと船長にダブルヒット。一流しにかなり長い距離流すのだけど、
群で泳いでいるのか??溜まっている所を船が通るのか??
誰かに当たりがあるとみんなに当たって来ることが、多々ある。
それで、あわせ損なうと、まずエサがなくなるわけで、ひとり
乗り遅れとなってしまう。このとき、カメラを構えている人(ツヨシ)がまさにそれ。

大抵、巻上げでコツコツっとした当たりがあり、竿に十分重みが乗ってから
合わせるのが基本らしいのだけど、竿に重みが乗るまで待ってたら
エサを取られて当たりが終了する事も多い感じで、
どこで折り合いをつけて合わせるか?という、悩ましさがあり楽しい。

はじめ乗り遅れはしたものの、こんなの釣れちゃいました。

5キロの大台に乗った大鯛。

ブリが食ったのかと思いました。
バスタックルのされまくりでかなり楽しめました。

その後は、ぽつぽつとレンコ、カサゴ交じりで食べごろサイズが釣れて
クーラーボックスはご覧のとおり。

そんなわけで、今回も大成功の鯛鉛釣りでした。

硬いお口のお魚たちを相手にするためか、既製品の鯛鉛は、2〜3匹釣ると
針先が鈍くなり、バラシが多くなってしまうような気がするので、その都度、新品
に交換していたら、使用済み鯛鉛が大量在庫になってしまったので、船長にならって
ハリスと針の自分で付けてみる事に挑戦中。
針の種類や大きさ、ハリスの長さ、ゴムスカートの有無など、あれこれ、妄想を
膨らませながら、作るのもなかなか楽しい.ものです。

ツヨシ

トップページに戻る  釣行記に戻る こづちやさんのHP