宮崎、夏の合宿。今年も、大渋滞とうだる様な暑さに出迎えらて、快調にスタートした。

今回は、最近マイブームとなっている、ビデオカメラを持ち込んでの釣行。
この時期は、一発勝負的な釣れ方をする場合が多いので、ジギングでは、貴重な
ヒットシーンを盛り込んだ映像が撮れるのではと目論んでいたが、
結果からいうと、ビデオカメラの魚を散らす効果は凄まじく、ビデオが回っている前では
恐ろしく釣れないのでありました。そして終わってみればいつもどおりの、
ヒットしてからビデオを回し始めるいつもの光景でありました。
(まあ、それでも、十分楽しいのだけど)

さらに、ビデオの効果として、ただでさえ、あまり撮らない写真が凄まじく疎かに
なるのであります。(笑)

今年も、カンパチは好調のようで、ビデオが回っていなければ、結構ヒットしてきた。
オヤジといりこやさん ビクトリークロス!!

この後、いりこやさんは変なスプーン?でもカンパチを釣っておられた。

オヤジも後半調子を上げて、グッドサイズを含む3本を釣り上げた。(写真ないけど)

スーパーシャローポイントでは、
無敵の強さを発揮されていた堅太漏氏。(写真ないけど)
昼食用のアジ釣りも好調でした。

さらに、今年になり、全国でブームの兆しのタイ用ラバージグなるもので、鯛が釣れるとの
ことで、物は試しと、出雲の鯛鉛スタイルを試してみました。何度か大鯛らしきアタリやバラシがあり
オヤジが40cmほどの鯛を釣り上げることが出来、一定の評価は得られましたが、副産物的に
金フグが大フィーバー。回収中の鯛鉛を追って水面まで来た群れを船員一丸となって、瞬く間に
20数匹ゲット。

なんだか、ラバーがいたく気に入られたみたいで、ほんの数秒でラバーは無残に噛み千切られてしまいました。

トップで釣った一本。GTを思わせるような(GT釣ったことないけど)出方に大満足の一匹。
これも、さっきまでビデオ回してたのに、止めたとたんにこれだもんな〜。

このトップでの一匹を最後のこの人は沈黙したまま終了するのでした。

てなわけで、4人の全釣果。せっかくの写真に人影を写しこんでる人がいる。
このシルエット、この日帽子をかぶってないのは、お一人しかいらっしゃらない。(笑)

てなわけで、今回もカンパチ大漁と言ったところでしょうか。もうちょっと鯛鉛で
なにか釣れたらいうことなかったような気はした。

今回も、アウトドアクッキングしました。毎度のことながら、なかなか楽しいものです。
慣れてきて、大きな失敗はしなくなったものの、たいしたヒット作も出来ず、料理の出来は
なんともふつーでありました。

そしてなんと今回あの、人の隣で嫌がらせのように釣りまくるなっちょらん船長が
ビデオのカメラマンをしていた為か、それとも人として丸く?なったのか?釣りたくても
釣れなかったのか??登場しないのであります。
ただし、釣行記的には、写真不足も相まってイマイチ締まらない(いつもだけど)ものになってますが、
その分、ビデオは、大変面白くもこっ恥ずかしい出来になっております。

そんなこんなで、今回も大変楽しかった夏休みの一コマでした。

めでたし、めでたし。

 

トップページに戻る      釣行記に戻る