海の中も春になったのか、ナブラの便りが聞かれるようになってきた
5月のある日。
今年も、Tony船長のお船に乗せてもらって、瀬戸内の海にハマチを求めた!

雨が降るという、悪条件ながら、幸い風はなく、一つ目のポイントからNABURAに遭遇!!

船内色めき立ち、思い思いのルアーを投入するも、一向にヒットはなく、
やや、船内のテンションが下がり始めたのを、見計らったかのように
海の神様からのプレゼントが舞い込んだ。(笑)

Tony船長が、発見したものは、なんと、腹を上にして
潜れずにもがいているタイでした。玉網にて無事ゲット!
なぜ浮き上がったのか、司法解剖を試みるも、当然原因は解明できず、腹が減っている
ことと、オスであることしかわからなかった・・・。

さらに、海の神様は、僕たちにホエールウォッチング(スナメリ)までさせて下さり(泣)
移動を繰り返した。今回も、Hiro漁労長とTony船長の連携は冴えており、行く先々で
ナブラに遭遇するも、ヒットを得ることは出来なかった。
そう、どうやらハマチが食べてるのは、小さなイカナゴのようだった。

そして、

ナブラで、パニクッたイカナゴが逃げ込むのか、岸際でメバルライズが起こっている
のを発見。ジグヘッドを投入したHiroさんの一投目にいきなりこれ。尺メバルであります。

ボクも22〜23cmの僕にしては良型を釣り上げて満足してたのだけど、こんなの見せられたら
かなり、小さくみえてしまいました。

さらに、タチウオ釣り。ここでも、漁労長大暴れで、でっけーのを釣ってました。
タチウオは好調で、あっという間にクーラーが満たされました。

ちょっとパターンを見失い、試行錯誤してたら、なぜか立派なタイが釣れました。
これはお腹パンパンのプリスポーンでした。

ちなみに、朝のタイじゃないよ!(笑)

タイに始まりタイに終わる。今回もまためでたい釣行となりました。・・・と
このメンバーが素直に終わるはずもなく、夕方まで、再び、NABURAを追い掛け回し
ました。夕方でさらに雨も止んだからか?さらに沸きは活発になり、
何度もすばらしいアプローチでルアーを通せたと思ったものの、
ついに、ハマチを釣り上げるには、至りませんでした。

今回もまた、多彩な魚種に新たな発見。楽しい釣行になりました。
Tony船長はじめ、皆様ありがとうございました。

ツヨシ

トップページに戻る   釣行記に戻る