またまた、Tony船長に誘ってもらって、ナブラ撃ちも宴たけなわの瀬戸内海に
出撃した。

今回は、気合を入れて、夜明けとともに出港!!
まだ、朝マヅメの雰囲気を残すうちに現地に到着し、いきなりのナブラ発見!!

そのファーストアプローチでの釣果が↓の見事なハマチと鳥が二羽!であった。

鳥山の下で、ボコ、ボコっとライズするハマチを一撃でジグで仕留めたHiro漁労長。
トップを選択していた人は、カモメではない、変な鳥の餌食となってしまい、船内は
朝からテンヤワンヤの大騒ぎになっていた。

トップ大好きのボク(ジグが苦手なだけ)も、しかたなく、ジグを結んで、Hiroさんの釣りを
真似ていたら、なんとヒット。こうなると急にジグで釣れそうな気がしてくるので、単純なものである。

幸先の良い展開に、これじゃあ、夕方にはクーラーに魚が入りきらないなど、要らぬ心配をしたのが
まずかったのか、お天とう様が高くなってくると、しばらく、まったりとした時間が流れた。

しかしながら、日がわずかに西に傾き始めた頃から、再びあちらこちらでNABURA出現!!
さらに、瀬戸内の名立たるルアー船団も大集合していて、まさしくテンヤワンヤの大騒ぎ(笑)

当然、ナブラの沈みは早く、かなりの苦戦を強いられた。

そんな中、何度、ナブラに船を付けても、釣りきらないボクたちに檄をとばすがごとく、
船長自らひぃぃぃっと!!

名物のお立ち台ファイトが展開されたが・・・。

あまりの強烈な引きに、船長たまらず、フライングブリッジから降りてファイトの貴重な一枚
しかも余裕のVサイン。
・・・でもちょっと写真が手ブレです。(汗)

その後、他の船がいないところでナブラを見つけて、オヤジも一匹釣り上げ、
バスロッドを使っていたアホなやつがラインブレイクをかましたりして、
長い一日が終わった。

本日の釣果、5キロクラスが4本。

前回のように、餌が極小イカナゴではなくなってきたからか、
結構、ルアーに食いついて来てくださるようになっており、ルアーの種類
やら大きさやら悩みつつ、楽しめる展開だった。
結果的に、トップ系ルアーの使用を制限する鳥がいたために、ジグでの釣果が
目立ったようだった。(笑)

おしまい。

ツヨシ

トップページに戻る   釣行記に戻る