2007年 明けましておめでとうございます!ということで、
本年も変わりなく、正月休みは延岡の英美丸に行ってまいりました。

元旦からいい凪でありましたが、(磯に行ってた・・・。)
いざ船に乗るとなると、時化てくるあたり、今年も天候に悩まされそうです。

大漁旗の格納、お神酒といった恒例行事を済ませ、活きアジをつんで
ポイントへ。

毎年思いますが、冬の時化にはホントに強いこのエリア。
沖に出れないことには、魚は釣れませんからね。

泳がせの定番ゲスト。ベッカム(マトウダイ)。まぐろが行くのブログでお馴染み
まぐろさん。いい感じにアジをほおばってます。

お盆に、港に入ってきていたのを、食いもしないのに、弄んだ罰なのか??
ソウダガツオ様がたくさんいらして、カラバリ系の釣法は、アジに届く前に
ソウダの餌食に。アジをつけて上から落とすのとは、一味違うアピールが
期待できる楽しい釣り方なんだけど、今回は、使用不能(泣)

ナイスなヒラメも上がってました。厚みもあって旨そう。羨ましい。

ただ、このポイント、エサでは、バンバンヒットするのですが、不思議と
ジグでは、分の悪いポイントとして知られているのでありますが・・・・。

何を思ったか、突然ジグをしゃくり始めたオヤジ。何度も上げ下げしないうちに
いきなり、カンパチゲット。その後、みんな色めき立ちジグを一通りしゃくって
見たのだけどぜんぜん釣れず
また思い出したように、エサ釣りの合間にジグを落としたオヤジは、すぐさま
さらに大きいカンパチを釣り上げたのでした。

まるで、魚が見えているかのような神がかり的行動であったと、目撃者は語る。

お馴染み、いりこやさんも、お馴染みのベッカム(マトウダイ)をゲットされてました。

この日は、時化だったこともあり、去年のブリ爆釣の場所には、行かなかったのでした。
泳がせメインで、楽しめましたが、初釣りならでは??のちょっとしたハプニングがあり、
魚と時間を大幅にロスしてしまったためか、オオニベやらヒラメの
ヒットが少なかったのが少し残念でした。

二日目、この日は、九州を代表する凄腕アングラーさん多数乗船されてまして、
実は、昨日より風強かったのですが、去年のブリ爆釣ポイントに突入!!

潮の流れもいい感じ、たしかこの辺りでドスン!!って来てたんだけどな〜、去年は・・・。

虚しく、潮と時間だけが流れて、ブリの顔を拝むことは出来ませんでした。


終了間際に起死回生の大ダイをタイ用ラバージグで釣られた、
マルカさん。出雲スタイルの鯛鉛+冷凍エビにアタリもない中で、
このほかにも、アマダイやハタもラバージグで釣られてました。
これは、今度出雲のタイ釣り時期に、試してみようと思います。

昨年の爆釣のインパクトがあまりに大きくて、その反動が来た
ような釣りになってしまいましたが、まあ
釣れない時があるから釣れた時の有り難味があるということで、
次回の釣果に期待したいものです。

おしまい

ツヨシ

釣行記に戻る   トップページに戻る