2007年  玄海限界日帰り釣行

てなわけで、今年もまたまぐろが行くでお馴染みまぐろさんのお誘いで
壱岐沖にマグロを求めて行ってきました。
広島から日帰りで行けるエリアの限界に近い場所でして、睡眠時間は
望むべくもありません。

サービスエリアで朝食タイム(AM4:00)今回は、お馴染みTony船長出陣!!
瀬戸内でやってるナブラ撃ちが果たしてマグロに通用するか??行く前から
話も弾みます。

去年もお世話になったさくら丸さん。前のも大概いい船でしたが、さらに大幅にグレードアップ
の新船になっておられました。

今回、ボクは、今度の休みに福岡にマグロを釣りに行くとうっかり友人に口を滑らしてしまい、
マグロは、そう簡単には釣れないのだと再三説明したにも関わらず、翌日にマグロパーティーを
セッティングされてしまうという、かなりマズイ展開となり、マグロは無理でも、なんとしても魚を持って帰らねば!!
という、いつになく追い込まれた心理状況で釣りに望みました。(笑)

朝一、鳥がいい感じに飛んでいて、時折、黒い弾丸が水面を割ってました。慌てて投げるのですが、
足が速い上に、ナブラというよりは、単発のライズといった感じで、おまけに、もし掛かっても捕れそうに
ないほどデカイし・・・。

今回の最優先課題を安易に達成すべくマグロのライズの合間に、早速、インチク出動。(笑)

しらっちゃけた変な鯛?。さらに、小型のタカバもゲット。
ほっと胸を撫で下ろし、これで、マグロ釣りに専念できると思ったのですが、
そのころには、ライズはおろか、鳥も疎らになってしまってました。

いりこやさんとまぐろさんコンビ。九州を又に駆けて、釣行回数も釣果も凄まじいお二方です。
ジギング一辺倒でなくて、小技も得意。まあ、そんな方なので、ボクみたいなのも仲間に入れて
遊んでいただけるのですが。
会うたびに、独創的な新兵器も用意されてます。

やはり、上でナブラしてたりしたら、底も活性高いのでしょうか?
根魚よく当たってきます。

Tonyさんもアヤメカサゴゲット。みなさん、マグロ狙いのごっつい竿を手放して
インチクの付いた竿を降ろすのの早いこと早いこと。(笑)

これは、根魚だけでクーラー満タンな勢いでしたが、その後、ぱったりアタリが無く、
だらだらと時間だけが流れて、昼過ぎに一度、トビウオの飛びとそれに襲い掛かる
マグロを目撃したのみで、(その時投げれてたら、もしかしたのかもしれませんが、インチクが
100m以上沈んでて、大急ぎで巻き上げてたら終了・・・。)
北九州の名立たるルアー船も見渡す限りに大集合しているところを見ると
他に釣れてる所もないみたいで・・・・。

島周りのヤズポイントとやらに移動。ダメな日は、どこに行ってもダメなもので、頼みのヤズもお留守。
インチクにもアタリ無く、船内に終了の気配が漂い始めてきました。

帰り支度の一環として、今日一度もシャクってないジグを一回くらいは沈めておこうかと、
なにげにしゃくり始めると、いきなり・・・。

ゴツンとアタリがあって、いいサイズのヒラメが上がってきました。海の神様
ありがとうございます!!

さらに、二匹目のドジョウを狙ってシャクっていると
最近、馬鹿の一つ覚え的に使っているサイボーグジグ(500円のジグ)にまたドスンと来ました。

さっきよりも引く茶色い魚が上がってきました。カンパチ4キロ。マグロ程ではないにしろ
名の知れた高級魚が釣れたのは、本当にうれしい事でした。
さらに、皆さんから、根魚まで頂いて、クーラーの中はバラエティーに富んだ豪華なものに
なりました。(バンザイ)

現在速力35ノット!!

他船もあまり釣れなかったみたいで、マグロはダメな日だったのでしょうが、
インチクあたりで、お茶を濁せて最後にマグレのドラマがあったりして
なかなか楽しめた壱岐釣行でした。
ほとんどインチクしてたし、船室が快適広々のお陰で、帰りの運転も思ったほど
辛くなかったし、また機会があったら行ってみたいものです。

おしまい。

ツヨシ

釣行記に戻る   トップページに戻る