玄海限界日帰り釣行 Vol2

山奥の小川で5cmのミノーでちまちまとヤマメと戯れていた六月のある日、
レスキューさんのお誘いで、マグロ釣りに行くことになりました。

連日巨大マグロが遊漁船の釣果情報をにぎわす、壱岐沖海域に向けて、
車に不釣合いな大型クーラーを二個も積んで、車は西へとひた走ったのでした。

今回もまた、新船、天神さくら丸さんに乗せていただきました。広島から、レスキューさん、
H敷さん、アホ親子の4人。そして、大分からいりこやさんの豪華メンバー。

H敷さん、この海域は2回目とのことでしたが、1回目に35キロくらいのマグロを釣られている
というすごいお方なのであります。
持ってこられたのは、キャスティングタックル一本のみ!!
ジギングもインチクもサビキも持ってきた我々とはえらい違いです。
この男らしさが後にドラマを生むことになるわけですが・・・。

(もう0.5秒早くシャッター押してれば、いい写真だったのに・・・)

この日は、釣り場についてから早速ナブラに遭遇。ナブラ発見→アプローチ→キャストの
繰り返しで、他の釣りはおろか、水を飲む暇もないほどでした。
瀬戸内ハマチキャスティングのノリでナブラの中に投げれば釣れるのかと思ってましたが、
なかなかどうして、一向にルアーを食べてはくれません。

それでも、一箇所で海が沸き立つような激しいナブラに絶好の位置につけていた隣の船の
人がヒット。タイミングや釣り方が合えば釣れるのだと、再びテンション上昇!AM9:30頃の出来事
であったと思います。

その後も、再三、すごいナブラに絶妙のアプローチで船を付けてもらえているのですが、ルアーのすぐ近くでも
マグロはあざ笑うかのように、本物の餌のみを食べるのでした。(泣)
話に聞く、水平フォール系のルアーとかも投げてみたんすけどね〜。
ベイトは、トビウオだったり、イワシだったりしてたと思います。

そして、お昼もとっくにまわった頃、相変わらず、マグロが跳びまわっておりまして、

ついにH敷さんにヒット〜!!!今まで聞いたこともないような音でドラグが唸りを
上げて、あっという間に、100mくらい糸が持っていかれました。

そして、走りが止まると一進一退の攻防。PEラインの同じ色のところで行ったり来たり。
GTなど大物釣り経験豊富なH敷さんを以ってしても、さすがに、限界で、

レスキューさんに交代。時間は、PM3時近くになってましたが、なんでも朝、隣でヒットさせた
船は、まだその魚とファイト中だそうで、こちらも持久戦を覚悟し二人掛かりで竿を持つことにしました。

僕も竿を持たしてもらいましたが、一人では竿を支えるのもままなりませんでした。
あっという間に、腰が痛くなり、交代。

いりこやさんもファイト。力入ってます!

こうして、乗組員の腰は次々に破壊されていきました。(笑)
途中、激しいセカンドランがありましたが、レスキューさんの番でしたので
素早い対応で間一髪、船底に擦れるのを免れ、危機を脱しました。

あの時、竿を持っているのが、僕やオヤジだったらと思うとぞっとします(爆)

それでもPEライン一色20分くらいのペースで少しづつ上がってきて、ついにモリが打たれて
見たこともないような、大きなマグロが上がってきました。

なんじゃこりゃ〜、一人では運べません。今回も、ビデオを撮影。ヒット時には、
あと1時間30分撮影可能となってましたが、途中結構撮影を中断していたのに、
撮影可能時間をオーバーしていました。

レスキューさんも嬉しそうです。

いぇーい!!船上の盛り上がりは最高潮!!
みんなで釣った一匹といったらH敷さんに怒られるかもしれませんが、
みんなが、我が事のように喜んだ一匹とは言ってもいいと思います。

秤に掛けるのものも三人がかり、PE6号とは言え、こんな物が、竿を介して引っ張って
上がってくるなんて、ちょっと不思議な気すらします。65キロでした。
ちょっと前だったら、夢のサイズですよね〜!

十分に心満たされましたし、もし掛かったらあんなに大変なのだとわかったので、
ルアーを投げるのが少し怖くなりましたが、心配御無用で、その後ナブラはあまり出ず、

終了間際に、一箇所でずっと沸き続けるナブラに遭遇。ルアーに見向きもせず、鳥も素通り、
???マグロ同士が追いかけあってる様な動きで、いつまで経っても沈まない。
そこだけ、海が白く濁ってるし。もしかして、産卵だったのでしょうか???
そう言えば、釣れたマグロの腹にもデッカイ卵がパンパンでしたし・・・。

そんなわけで、壱岐のマグロチャレンジは、大成功で幕を閉じたのでした。
しかしながら、同時に、マグロを釣るというのがいかに難しいかもわかった釣行でした。
ナブラに船を付けてもらっても、ヒットさせることが難しいし、ファイトに至っては、
ご覧のとおり。次は、もう少し小さいサイズが釣れているときを狙って
行ってみたいものです。

めでたし、めでたし。

ツヨシ

釣行記に戻る   トップページに戻る