大変長らく更新をサボっておりましたが、この夏にした釣りをダイジェストで
書いておこうと思います。

やっぱり、夏といったら、Tonyさんのお船で、瀬戸内ナブラ撃ちであります。

今年は、ナブラに遭遇しても、ヒットさせれないことが多くて、
人間がナブラにスレ気味になってしまってました。

シラスナブラと言われるやつのようです。酷いときには、ナブラ上空をルアーが
通った瞬間に沈んだりしてました・・・。

それでも、いくらか食い気のあるナブラでは、モグラで型がついて、
楽しい釣りが出来ました。

そうかと思えば、こんな巨大ジグで釣り上げる方もいらっしゃるし・・・。

そんでもって、かつて、ジギングしかしてなかった頃には、完全にオフシーズン
と考えていた、夏の出雲も楽しいことがいっぱいでした。

釣り素人二人を引き連れて、根魚泳がせ釣り。

まず、餌となるアジを釣るところから、大変楽しんでもらえました(笑)

当然根の荒いポイントなので、根掛り頻発。仕掛けの保全が
大変でございました。

それでも、2.3キロなんて巨大なアコウも含めて、なかなかの大漁で
ございました。ヒラマサのナブラもあったりして。

この写真が、中国地方の某釣り情報誌に載ってたみたいです。

それから、しばらくして、なんだか、ヒラメも釣れているみたいなので
またしても、出雲にいってみました。

最近、船長が泳がせにハマっているとかで、ポイントもつり方も進化してました。
結構、でっかいアオハタ。バスロッドだとかなり引きます。

さらに、マハタも。ただ、バスロッドはちょっと弱すぎたみたいで、
穴に入られて、二回も大きそうなのに切られて逃げられてしまいました。(反省)

オヤジもヒラメゲット。アタリがあってから、合わせるタイミングが
大変、悩ましく面白さ抜群でした。ヒラメなどのことを考えると
しっかり食い込ませたいところですが、根が荒いのと、ハタ系の魚が
多いので、悠長なことをしてると、穴に入ってしまうし・・・。

ルアー釣りだと、単一魚種になりがちですが、いろんな魚が釣れるのも
楽しみの一つです。ミノカサゴとか招かれざるものも釣れますが(笑)

マハタ、アオハタ、キジハタ(アコウ)と三種類食って見ましたが、
個人的には、キジハタ(アコウ)かなと思いました。

さて、そろそろ釣り人待望の秋〜冬がやってきます。いい釣りが
出来ますように!!

 

釣行記に戻る   トップページに戻る   小づちやさんのHP