年を追うごとに釣りがワンパターン化してきてますが、やっぱり今年も
この時期といえば、出雲の鯛釣りです。

前回、極寒大時化の洗礼をうけたやま△△さん。
あのときには、もう二度と遊んで下さらないかと心配しましたが、
また懲りずに参加です。

晴天、凪の海で、とりあえず、いっぱい居るらしいヤズを保険として
10匹ほど確保。しかしながら、ボクとオヤジはシャクリがあわず、
周りの人が入れ食いしてるのにたいして釣ることも出来ませんでした。
ヤズに混じって3キロほどのヒラマサも釣れていましたが、
ヤズも食いつかないシャクリのジグにヒラマサが食うはずもなく・・・。

そんなこんなで、一路鯛ポイントに。最近、また餌つき(冷凍エビ)の鯛鉛が
好調らしかったのですが、とりあえず、インチクラバー餌なしでやってみました。

程なくして、一匹目。3キロ。いい感じです。
その後、食べ頃1キロサイズも釣って、船上は活気づいてきました。

定番ゲストのレンコダイ。

そして、やま△△さんのタチウオ用ロッドの竿先が、コツコツコツと小刻みに震えながら
徐々に大きく曲がり込んで、待望の鯛ひぃぃぃっと!!↓

  movie="http://www.youtube.com/v/dfKjoj6Pjws">

で上がってきたのは、青鯛じゃなくてマルゴでした。防水ビデオなので水に
浸けれるのですが、液晶が見えないので、どこが映っているのやら??

そして、今度は、ボクにヒット。たいして引かず、食べ頃サイズの鯛と思い
巻き上げてると、ポロッと針外れ。あ〜最悪〜なんて言っていると、再び竿に
重みが、半信半疑で再び合わせてファイト再開。どうも魚が入れ替わったみたいで
今度は、結構な引きで上がってきたのは、マルゴ。

時を同じくヒットして、結構な引きなので、これまたマルゴだろうと言いつつ上がってきたのは
大鯛でした。

  movie="http://www.youtube.com/v/jlYCw25mcpQ">

五キロの大台にのった大鯛。

血抜き用スカリも定員オーバーです。

その後は、ぽつぽつ、レンコやカサゴが釣れる展開で、終了間際に、またしても
オヤジにヒットで、ぜんぜん巻けないままにドラグを出されてそのうちにフックオフという
これを遙かに上回る大鯛を思わせるくやしいバラシがあり、ちょっぴり後ろ髪引かれて
終了となりました。

やっぱり渋い時間帯は、餌付き鯛鉛の方がアタリも多くていいみたいでした。

そんなわけで、今回も楽しめた出雲の鯛釣りでした。前回の修行からしたら、
凪で、暖かいだけで、相当ありがたいことなのですが、その上魚も釣れて
上出来でございました。

さらに、来週は、もう一人修行にお付き合い頂いた、やまさん登場です。
こちらも、うまくいけばいいのですが・・・・。

めでたし、めでたし。

トップページに戻る    釣行記に戻る    こづちやさんのHP