朝の連ドラの舞台になるなど、なにかと話題の??出雲に
ちょっと前に行ってみました。

午前にすでに先約があったので、今回は、午後便にて出動。
ジギングでボチボチ釣れだしたとのことで、久しぶりにジグでも
するかと思っていたのですが、午前は潮が悪かったこともあり、
あまり振るわなかったとのこと、
当然、迷うことなく、アミエビブロックを購入し、小アジ釣りからの
スタートであります。

磯際の浅いところで、アジを釣るわけなのですが、海は活気に溢れています。
アジもたくさんいるのですが、カマスが鈴なりに釣れたり、小カンパチが襲来して
アジが一時居なくなったり、ベラにスズメダイと楽しくはあるのですが、仕事が
なかなかはかどりませんでした。(笑)

それでも、まずまずの餌を確保して、沖へ。

胴突き仕掛けにアジを付けて底に落とすという、なんともシンプルな釣りです。
あとは、底近くを根掛かりに注意しながら、待っていたら、コツコツ、グーンと
引き込んで、ワームでバスを釣るようなタイミングで少し送って合わせるので
ありますが、これがなかなか奥が深いのです。

やっぱり泳がせは面白い。

チカメキントキ、見た感じもかっこいいし、味もなかなかなお魚です。

アコウ、カサゴ、マトウダイ、レンコダイなんかが、ポツリポツリと
飽きないほどに当たってきます。他船では、マルゴに小ブリも上がった
との情報も入ってきました。

僕の竿にもやたらともったい付ける小さな当たりのあと、大きく引き込んだ
ところで、会心のアワセが決まり、これは、マルゴか、ヒラゴかと慎重に上げてくると

 

こんなやつでした・・・・。

文字通り鮫肌なので、尻尾で叩かれると結構痛いよと聞いていたので
かなりビビリ気味です。

その後、泳がせ仕掛けは竿受けに置き竿にして、結構ジグもしゃくってみたの
ですが、底でカサゴが一匹釣れたのみで、更なる生命反応は得ることができませんでした。

今年は、去年のような爆釣は少ないようですが、アコウもちゃんと
僕以外には釣れました・・・。

イカか何かに、アジの後頭部がやられることが多く、結構たくさんいた
アジも使い果たして、納竿となりました。

これで、一本くらい青物も混じれば、料理のレパートリーが増えたのですが、
今回は、ご縁がありませんでした。

出雲に釣行といったら、ほとんど午前便でしたが、午前の様子を踏まえて
作戦がたてれるし、帰りは遅くなるものの、行き帰りの運転が眠くない。
時間に余裕があれば、午後便もなかなかいい感じです。

さてさて、これから秋のいい時期にさしかかってきますが、次はどんな
釣りが出来ますでしょうか??

おしまい。

ツヨシ

トップページに戻る    釣行記に戻る