師走になったので、鰤が釣れやしないかと、10キロクラスの
大ブリの話もちらほら聞こえだした出雲に行ってきました。

数日前には15キロなんてのも上がったそうで、港(川??)も活気が感じられました。
ただ、今年はマルゴがあんまり居ないらしく、来たら大ブリかせいぜいサワラといった
男の釣りを強いられる状況のようです。

今回は、大ブリヒットシーンからランディングまでビデオで完全収録してやろうと
船にビデオ括りつけて、回しっぱなしで釣りをしてました。
しかしながら、そう簡単に魚が釣れるはずもなく、また、当地のシーアンカーで
広大なブリポイントを流す釣りは、一流しもかなりな長さなので、当然、
カメラとリールの回っている時間も相当長く、カメラの一本目のバッテリーと
最近老朽化して切れやすくなってきた人間の心のバッテリーも切れかけてきたころ、
ようやく、

山△△さんヒット!!で、6キロ小ブリが上がってきました。前評判の大ブリでは
ありませんが、ちょっと元気が出てきました。

そして、立て続けにサワラヒット。そして、もう一匹サワラゲット。
細身の150グラムくらいのジグでヒットです。船長の操るカラバリ落とし込みの
仕掛けに12pくらいのウルメイワシが掛かっているのも関係ありそうです。
が、サワラはヒイラギみたいな平べったいのをはち切れんばかりに食っていました。

それで、僕も、あんまり長くないジグに替えて、やってると、ドスンと
久しぶりにジグでアタリがあって

6キロ弱の小ブリが上がってきました。とりあえず、ほっとしました。

この日は、流しの間に、何度かイワシの反応が映って、ジグに疲れた
船長は、カラバリの落とし込み仕掛けでやってましたが、その竿がついに
絞り込まれて、壮絶なファイトが始まりました。

太ハリス仕様の仕掛けといっても、イワシが食いつくような針なので無理は
出来ません。スリリングなファイトに見ている方も
手に汗握ります。それでもジワジワと距離を詰めて、

どーん!!と10キロオーバーの大ブリが上がってきました。
さらに次の流しでも、イワシが付いたな〜と思ったら竿が絞り込まれて
8キロ弱。その間、ジグはかすりもしない・・・。今日はジグを貫こうと
カラバリ仕掛けやオモリを下ろして来たことを後悔しました(笑)
その後、予報通り強烈な西風が吹き出し、逃げるように帰港と相成ったのでした。

大ブリの後ろでピースしているおじさんに釣果はあったのでしょうか????

大ブリ 10キロ
              小ブリ5.7キロ
中ブリ 7.6キロ
       サワラ     サワラ
                 小ブリ  6キロ

と言う列びになっています。ここで、妄想が膨らんできます。
これらのブリは魚体の長さ、頭の大きさはほとんど一緒、
つまり同い年なのではないかと思うのです。
じゃあなんで、こんなにも体重に差があるのか?餌が
あんまり捕れなかったのか?健康面に問題が??
産後の肥立ちが悪かった??

でもって、小ブリを捌いてみるとやっぱり身の中に見慣れた虫が・・・。(泣)
当然脂もあんまり乗ってないし。サワラはもちろん抜群の美味しさでしたが。

やっぱり、釣るなら食べるならあのまん丸の大ブリじゃなきゃ!ってことで、
中5日で再びこの地を訪れましたが、船内4人で一心不乱にジグをしゃくるも
ついに一回のアタリすらなく敗れ去ったのでありました・・・。
人間、あまり欲を出すといいことにはならないみたいです・・・。

おしまい。

ツヨシ

トップページに戻る    釣行記に戻る