少し春めいて、凪の予報だったので、またまた仙崎の未海丸さんに
行ってきました。暗いうちから港を出て、八里が瀬?にやってきました。

行く途中は幾分揺れも感じられたものの、釣りを開始する頃には
べったりと凪。船酔いも気にせず釣りが出来ます。

午後からの潮がいいそうなのですが、午前中はあまり潮が流れてないそうで、
お魚のご機嫌も斜めのようでした。ただドテラ流しの船にあんまり乗らないので
船がどんな感じで流れているのか、ぜんぜんイメージが沸いてきません。

それでも、オヤジのヒットを皮切りに、ぼちぼちヒラゴが釣れ始めました。

ボクもなんとかキャッチ。

前回と違って、インチクしてもほとんどアタリがないので、
(でっかいアコウ釣られた方もいらっしゃいましたが)
ボウズになってしまうかと思いました。

午後には、潮も動きだし、

ダブルヒット。なんかもありました。それでも、相対的に
食いが渋いのか?ジグやシャクリがあってないのか?フワッとするような
アタリ?やスレ掛かりみたいなのが、多かったような感じでした。

持って帰ったヒラゴの胃はすべて空でしたけど、何食ってるんですかね?

なんか最近オヤジ好調なのであります。この日も、ヒラゴ3、カサゴ1で
竿がしら賞でした。

そんなわけで、今回もまずまずの釣果でありました。結構インチクもしてみましたが、
それにほとんどアタリがなかったのが、少々残念でありました。(カサゴはジグで釣れた)

あちこちの、根や瀬を次々と釣りながら回る釣りは、好きな磯のスズキ釣りやヤマメ釣りの
ようなイメージで釣りが展開していくので楽しい感じです。また凪を伺って行ってみようと
思います。

おしまい。

トップページに戻る   釣行記に戻る   未海丸さんのHP