春に以降、磯はずっとご無沙汰でしたが、涼しくなってきたので
ぼちぼちいいかな?と思って、久々に磯遠征に行ってきました。

前日まで時化で、現地に着く頃には凪になる予報でしたが、いいほうに
外れて、相変わらず、北東の風8メートル。なんとか、一日波はもちそうなので、
本命場は、夕マヅメにとっておいて、まずは、端から順に釣り歩くことにしました。

あまり期待してなかった場所で、いきなり連続ヒット。ただし、
山陰の地磯でも釣れそうなヒラセイゴです。ただ、久しぶりなので
凄く楽しい!!し、魚の引きに慣れてないので、かなり引く感じがします。

このサイズが群れで居るみたいでかなり頻繁にアタリがあります。
ただ、バラシも連発で、逃がしてなるものか!と三本フックのルアーで
挑めば、今度は、流血です・・・。

その後も、セイゴクラスは、時々当たってきます。ちびヤズも結構磯際に居るみたいで
体の半分ほどもあるミノーに果敢にアタックしてきます。

そして、期待の、本命場。降りようと思ったら道がなくなってます。前来たときの記憶を
頼りに、草地を強行突破して釣り場に降り立ちました。岬の先端付近には、画に描いたような
サラシが広がり、道もそんな具合なので、ここ数ヶ月は釣り人も入ってない可能性もあって
いやが上にも、期待感は高まりましたが、まさかのヒラセイゴ1バラシのみ・・・。

しかたなく、サラシの少ないワンド方向に釣り歩いていきます。かなり先に行ってた
オヤジが、えらく手を振って呼ぶので、行ってみると、たいして良さそうにも思えない
小さな岩の右で2匹、左で2匹いいサイズのヒラスズキをバラしたとのこと。合わせた
瞬間竿をのされて・・・とか見えた尾鰭がこんなに・・・とか興奮気味でありました。

程なくして、5匹目がヒット!!これも、ボチボチ良い型のようでかなり引いてます。
やはり4連続バラシは釣り人から余裕をとりさるみたいで、針が外れる前に、
1秒でも早く陸に揚げたい!!そんな思いが伝わるファイトでした。掛かりを重視して
3本針のミノーにしてたのも災いして、スプリットリングが伸びて、2本針となった
ルアーが手前に飛んできて終了・・・。

その隣で、僕にも待望のヒット。やった〜と思ったのもつかの間、これまた
凄い勢いでルアーだけ手前にぶっ飛んできて終了・・・。
釣りを開始してから、今日は結構バラシに悩まされてましたが、それは、魚が
セイゴだからで、まともなサイズになればそうは、バラさないだろうと思ってましたが
まさかの良型全バラシ。

 

最後に、オヤジはヒラセイゴを、そして僕はヒモのように痩せたマルスズキを
釣り上げはしましたが、完全に負けた気分で磯をあとにしたのでした。

凄まじいアオリイカの干物。いかに漁師さんと言えどこんだけ釣れるなら、
僕たちにも一匹や二匹釣れるだろうと夜の港に繰り出すも、撃沈。

翌日は、べた凪となり、沖に面した堤防でショアジギにチャレンジ。
期待を込めた第一投。120グラムのジグが15カウントくらいで着底。
5回もシャクらないうちにいきなりヒット!結構な引きに、必死の形相で
リールを巻き、上げてびっくり、40pほどの小カンパチ・・・。
この魚、ほんと体の大きさ割合に引きますよね。もっと大きな魚が上がって
くるのかと思った。

その直後にオヤジもヒット!!これは小カンパチじゃない!デカイ!!とかいって
大騒ぎしたあげく、上がってきたのはやっぱり同じ小カンパチ(笑)
続けて、僕にまたヒット。さらに、ポッパーにも果敢にアタックしてきました。

ショアジギ楽しい〜!しかも潮はどんどん速くなり、沖では、潮波も立ち始め
ました。なんだか今日行ける気がする〜♪というわけで、キャスト筋の疲労は
すでにピークに達していましたが、ジグにポッパーにと遮二無二投げまくりました。

その結果、2匹のエソを釣り上げることに成功しました(自爆)

やはり、世の中そんなに甘くはないみたいです。全身にしっかりと
心地よい??疲労感を残して今回の釣りは終了しました。

また、取りこぼしたお魚を求めて暇を見つけて行ってみようと思います。

おしまい

ツヨシ

トップページに戻る   釣行記に戻る