2010  冬

朋遠方より来たるあり、亦楽しからずや
忘年会にあわせて、はるばる関東からSUGAさんが来られました。

翌日、眠い目をこすりつつ、Tonyさんのお船キャッツアイにて出撃

シーズン終盤でしたが、さすがTony船長、しっかりとナブラをとらえて、
ベイトが小さいイワシで、はじめのうちは、なかなかヒットせずに苦しみましたが、

 



 


大ナブラにうまくアプローチで、連続ヒットでした。↑ビデオは、Hiroさんのヒットシーン
です。

SUGAさんも余裕のゲットで、以前、広島におられて瀬戸内を駆けまわっていた頃を思い出されて
いたようでした。
ただ、このとき、皆さんの腸内に、恐ろしいウイルス??が潜伏していたことは、誰も知るよしも
ありませんでしたが。(爆)

それでもって、ここ数年、低迷の一途をたどっている、ヒラスズキ遠征に、また
懲りもせず行ってきました。
予想以上の凪で、かなり苦しみましたが、山陰に太陽が隠れて、ポイントに
日が差してない時間帯に集中して、久しぶりにヒラスズキを手に出来ました。

高活性の時のアタリは、この魚独特な感触があるように思います。たまらんです。

オヤジも、ヒット。3年も釣ってないので、ヒットしたとき、なにか雄叫び?のような
声を上げていました(笑)ややスリムですが、結構デカイです。80アップ。

 



 

一匹釣って、落ち着きが出たので、ビデオ回してみます。浅瀬のポイントですが、溝にはまると
胸くらいの深さがあるので、注意が必要です。結構ややこしいところで食ってくるので、
ヒットしたら、鬼の形相でリールを巻かないといけません。

 



 

さらに、同じ所でもう一本。今度は、ちょっと大きいです。

80センチあるかないかくらい。すごい綺麗な一匹だったのですが持ち方と背景が悪いです・・・。
しかし、久々の連続ヒットにテンションも上がって、足取りも軽く、次なるポイントを目指しました。

 



もうバンバンにポイントに日が当たってますが、ナミノハナがたくさんいたこのポイントでは
魚からの反応がありました。オヤジもカメラの前で快心のヒット!っというか、
根掛かりかと思い、一瞬アワセを躊躇しているところがよく撮れています(爆)

そんなわけで、久しぶりに、めちゃくちゃ楽しいヒラスズキ釣りが出来ました。
ただ、最近地磯で鍛えてないので、キャスト精度、歩きのスピード、そして何より
持久力の衰えは、かなり感じてしまいました。ちょっと日々の生活から見直さないと
いけません。

あっという間に、そしてブリを釣らないままに2011年となってしまいましたが、
本年もよろしくお願いいたします。

トップページに戻る   釣行記に戻る