さて、今年も恒例のGWの玄界灘、七里釣行をしてまいりました。

今回は、なんと、壱岐の民宿一泊という豪華プランでして、いやが上にも
期待感が高まると共に、家族への蟠りも高まりを見せるという、なんとも
刺激的?な釣行でありました。

前々日に釣行されたオキアミさんから、爆釣でしたよとの連絡を頂いて、
前日も、かなりの釣果だったらしく、やってはいけないと思いつつも
クーラーを2個積んで福岡入り。

七里に到着して、まもなく、早速ハマチがヒット。やっぱり今年も爆釣か!?と
思われましたが、その後、いっさいアタリがなく、

オヤジが、インチクでアコウを釣ったのを皮切りに、タイラバ船へと
変貌をとげていくのでした。

まぐろさん、以前お会いしたときは、タイラバ嫌いと仰ってなかったですっけ??(爆)
みなさん、タイラバ大好きでしたね。

ドテラなもんで、ものすごいラインの角度になってますが、そんなこと
お構いなしに、鯛がヒットしてきます。

やまさんも、グッドサイズ。釣れれば楽しい魚釣りです。

ビデオ撮ってたので、宿の写真とかありません。
このあたりから、二日目です。一日目の終了前にヒラマサ3匹くらい
釣れたと思うけど、それも写真ありません。

二日目は、予報通り、北東の風が強い日でした。昨日の夕方やったポイント
付近で、勝負しますが、朝一、トップで一回バイトあったけどのらず、その後は、
ジグで、ヒラゴや、ヤズがたま〜に来る厳しい展開。

潮風逆で、タイラバなんて一回しか底とれない状況ですが、鯛はこの日も
好調でした。いりこやさんは、厳つい大鯛。

ジグも頑張って引いてれば、たまにヒラマサがヒットしてきてました。

一番、大人びた釣り?を展開していた若者、Jrもヒラゴゲット。
今回、唯一、ビデオ回ってるときにヒットさせたんだけど、エンディング用の
風景画を撮ってました。ごめんなさい。

帰りは、強烈な波になっており、ちょっと怖いくらいでした。
期待が膨らみすぎていた分、ちょっと物足りないかな?という感じでしたが、
お土産には十分過ぎる漁獲でした。

 

 

 

 

ビデオです。かなり端折ってます。

トップページに戻る   釣行記に戻る