またしても長らくほったからしておりましたので、ちょっと更新いたします。

家庭の事情で、多少釣行回数が、減ったとはいえ、結構釣りに行ってはいるのですが、
取り立てて、目立った釣果もなく、季節が進行していっております。

5月後半から6月は今年もやっぱりヤマメ釣りに勤しんでました。今年は、いつも行ってるエリア
にどこも魚が多くて、子守でいけない僕を尻目に、オヤジはジップロック大に入りきらないほど
釣ってきてました。適度な雨量で、川はいつ行ってもベストな水量を維持していて、これなら間違い
ないと思い、ゲストさんをご案内いたしましたが、一度釣った区間は次に使い物にならないという
この釣りの難しさもあって、お楽しみ頂けたのか疑問な内容となってしまいました。

そして夏は、待望の瀬戸内オフショアゲームのシーズンです。
今年は、今まで行ったことないところに案内してもらえる船が増えたので、
バリエーションも増え、家族から言い渡された、釣行可能日数の振り分けに
頭を悩ませるシーズンでした。

去年結構、タイラバで鯛が釣れたので、鯛はおまかせの気分でしたが、
やはり鯛は強敵でした。今年はよく釣れるだろなんて仰る方によくお会いますが、
今となっては、鯛は僕の中では、幻の魚です。5月連休の壱岐で鯛を馬鹿にしたのが
いけなかったのだと、深く反省してます。

さらに、ご存じキャッツアイ号も快速、快適な新しいお船になり、
戦闘力も大幅アップで、楽しい釣りに案内してもらえます。

 

 

 

この日はヤズメインでしたが、タチウオ、アオリイカといいタイミングで
リレー釣りさせてもらい、お得な釣行でした。

 

そして、秋の雰囲気が漂ってくると、これまた風物詩のベイエリアに
大群で押し寄せてくるイワシの群れに付いた、シーバス、チヌ釣りです。
とはいえ、年々、釣れにくくなっている感じのある釣りですが、あまりみんな
食べないということもあって、まだまだ、魚はたくさんいるみたいです。
このオヤジが釣ったシーバスも、この度とは違うところに針傷がありました。
去年なんかタグの付いたシーバスも釣れましたし、リリースされた魚が
またどこかで釣り人を喜ばせるってことは結構あると思います。

 

 

 

それで、今年もまた、忘年会用にビデオ撮ってみました。
わざと面白くしたつもりはないのですが、後ろのビデオを意識して
アワセが不必要に大きかったことは、間違いありません。

そんなこんなで、久しぶりの更新でした。

おしまい

トップページに戻る   釣行記に戻る