2011年 師走

今年も遅ればせながらも寒い冬がやってきて、そして今年も、忘年会に合わせて
東京からご存じ、この方が来広された。普段、12月の第一週に開催している
忘年会ですが、今年は、諸事情により、第2週開催となり、さらに生憎の寒波も
重なって、前日の釣行は、不完全燃焼とのことで、ちょっと前日より凪ぎになるとの
予報に一縷の望みをかけて、やまさん艇にて出撃。

釣り物はアオリイカ、今流行のティップラン釣法であります。

 

幸先よく、一投目でヒット。深いのと船も引っ張るので掛けた直後は
小さくてもかなりな重量感で楽しめます。

岸からは死ぬほど釣っておられる、やま△△さんも一匹キャッチ。

船長は、合間に竿を出して、あっという間にキロアップ3本。
一匹は、1.3キロもありました。これは、楽しい動画があるのですが、
ネットでの公開は控えさせて頂きます(笑)

(注、この写真はイメージです。)

それでもって、今年はもう行けないかと思っていたヒラスズキ釣りですが、なんとか
仕事がやり繰り出来て、期待に胸膨らませて行ってきました。デジカメが調子悪く
動画主体でお送りします。

 

 

ちょっと波が高い状況でしたが、オヤジのヒットをきっかけに、70センチくらいのヒラマサ
が連続ヒット!ヒラスズキタックルで、そこらじゅう岩だらけなので結構苦戦します。
頭を出した岩を回られ、ベールオープンで移動したりしていますが、事態が悪化するだけで、
岩に張り付かれて気づいたら昆布に変身してました。 

オヤジも老体にむち打って(笑)頑張ってます。どうやらキモはサラシより沖にルアーを
投げることのようで、はじめは、ミノーで思いっきり投げてましたが、ジグに変えた方が
ヒットしやすい感じでした。アクションは横風が強いので、水面を棒引きです。

なんとか、カメラが作動した時の一枚。磯際をメインに回遊している魚なのか?
船からのジギングなどでは、あまりお目にかからないような黄色の強い魚が多かったです。

たしかに、ヒラマサが釣れるのは言うことなしに嬉しいのですが、本命のヒラスズキは
なかなか姿を現しませんでした。なんとか釣れたヒラセイゴ。他に、バイト一回、バラシ一回のみ。

そんなこんなで、釣り開始から3時間後の様子です。釣る度に、今のはデカイとか
ちょっと小さいななんて言ってましたが、並べたら全部同じ大きさでした。フックの掛かる位置
や地形でかなり引きが違うので、そう感じたのですが、感覚は当てにならないもんです。

二日目は波も収まり絶好の磯釣り日和に。

こいつはマジで切られるかと思いました。

 

一応、ワンランク大きいヒラマサ用のタックルも持っては来てるのですが、
この状況でなんでヒラスズキが釣れないのか?ってのも大きな興味だったので
ヒラスズキタックルでやってます。いつもなら、ヒラスズキがもんどり打って出てきそうな
サラシや磯際にミノーをスローに通してもやっぱり、ヒラマサがヒットしてくる状況でした。
 

 

 

オヤジもヒット。ミノーのただ巻きでのヒットです。

そんなこんなで、宿に4本置いてきてるのに、帰りのクーラーはご覧の通り。
ヒラマサ17本、ヒラセイゴ1本、ヤズ数本という爆発的釣果でした。
フックアウトによるバラシはかなりありましたが、ラインブレイクは皆無だったのは、
ちょっと満足出来る結果です。まあ、全体に浅くてリーダーの長さより深いスリットが
あまりないのと岩の質があまり鋭利でないってだけのような気もしますが・・・。

ただ、どの魚もパンパンに餌を食べてて、磯周りにベイトが接岸傾向だったと予測されるのと
サラシも申し分ないと思うのに、ヒラスズキのバイトが極端に少なかったのは、かなりな疑問です。
ヒラスズキとヒラマサは仲が悪くて一緒に餌を食べないんでしょうか????

2012年も安全で楽しい釣りが出来ますように! あともう少し頻繁にHP更新しますように

めでたし、めでたし。

トップページに戻る    釣行記に戻る