今年も恒例の5月連休に天神 サクラ丸に行ってまいりました。

時化で中止当たり前の海域ですが、今年もいいお天気に恵まれて
しかも、前日、大爆釣とのことで、狭い車内にクーラー2個積んで現地入り。

釣り場は、予報どおり、べた凪でありました。

開始早々、ジグにヒラマサがヒットし、水面には、モジリ風のライズが見られて
トップを投げた人には、いきなりドカンとバイトがあったりと、今日も楽しい一日に
なる感じが漂っていたのですが・・・。

イリコヤさん、開始早々、グッドサイズ。その後もカブラで、巨大カサゴ、タカバ
連発でした。
好調も、つかの間、アタリの無い時間が訪れ、沈黙、

本命と目されていた潮が流れ始めても、一向に、ヒットが訪れる気配がなくなってしまい、
いつしか、周りにあれほどいた、遊漁船も、漁船もいなくなってしまいました。

やっと釣れたのは、海の藻屑。

朝一のチャンスタイムでアタリすらなかった僕は、ボーズの恐怖がひしひしと
迫ってきました。やっと訪れた、貴重なヒットは、錆びたままのフックが災いしてか、
連続バラシというありさま。

それでも、頑張ってしゃくっていると、たまに幸運が誰かに訪れる展開になってきて、
ぽつぽつとサカナが船にあがり始めるのでした。
今回、新しいジグを買って、そのジグにあったロッドをチョイスし、さらに痛めた肘に
注射まで打って(爆)あなたは、オリンピック選手か何かですか?と言われつつも、
万全の?体制で挑んだやまさん。この渋い状況でも、着実にヒットを重ねていきました。

そして、もうそろそろラスト流しがコールされるころ、急に、辺りに鳥が飛び始め、
ナブラが。オヤジ、そして、今回、タックルボックスを家の玄関に忘れ、精彩を欠いていた
まぐろさん、やまさんが、操るトッププラグに6〜7キロのヒラマサがヒットして、ドラマチックな
幕切れとなりました。

終わってみれば、結構な釣果となっておりました。

前日釣れたポイントが、時合いになっても不発で、他の船は、すべて移動してしまう展開
で、その場で粘り続けるのは、移動するより、遥かに勇気のいる選択だろうと
思いますが、それを選択して、この釣果は、今回もさすがの一言でした。

一応、ビデオです。限定公開としておりますので、あまりプライバシーに
配慮しておりません。問題あれば連絡ください。

 

僕自身の釣りにいつも以上にぜんぜん余裕が無かった為、
今まで以上に、見るに耐えない内容となっております。

トップページに戻る   釣行記に戻る