魚心釣心トップ

2013 6月 キャッツアイにて


久しぶりに更新です。ホームページ更新ソフトを新調したのですが、

まったくもって意味不明、悪戦苦闘中です。これもちゃんとアップできるのだろうか・・・。


というわけで、今回はキャッツアイ行ってきました。

他に、参加者居られないとのことで、迷惑を承知で、息子と嫁も出動です。



凪で、曇り空、暑くも寒くもない絶好のつり日和で出船となりました。

行きしなに、鯛ポイントにて鯛玉巻いてみましたが、数回いいアタリがあり、ちょっと粘るかとも

思いましたが、ぼちぼち、船内に小さくても魚が上がらないと、素人たちが・・・って雰囲気になり




船長おすすめ、メバルポイントへ。いきなり、20センチからもう少し大きいのが、

全部の針に釣れて来るのであります。水深も浅いので、はかどるはかどる、1時間ほどで

生簀は、真っ黒です。ナブラポイントから離れることなく、さらに、短時間で、お土産確保。

船長、さすがです。


そのころから、ぽちぽちと雨も降り出し、素人たちも満足して、眠りについたので、

本来の、ナブラを探していきました。この時期の雨降りといったら、イカパターンでしょって

ことで、怪しい潮目や瀬に、トップを投げていくとついに、コンディションのいいヤズがヒット

し始めました。


13センチくらいのポッパーなんかで、投げてたら、突然バイトしてくる感じです。

たまに、モジリや小さな単発ナブラも見られて、いい感じになってきました。


いつしか雨も上がり、

とりあえず、男性陣は、みんな釣れたので、嫁様に竿を渡しておくと、
どっカーンとタダ巻きのトッププラグにバイトで、ドラグが唸りをあげて、

手が痛い、替わってくれ、とかいいながら、長いファイトの末に、


今日一番のナイスな魚が上がってきて、めでたしめでたし、で、

気持ちよく、港に帰りました。



ちょっと魚少な目で、青物は厳しい一日だったと思いますが、

効率よくメバル釣り出来たあたりから、リズムが出始めて

結果トップゲームも好循環でいけた感じでした。

これからが、ナブラシーズン本番です。

試してみたいこんなルアーやあんなルアー、そして

前代未聞の撮影機材??をもってまた行ってみたいです。



ダイジェストビデオです。限定公開ですので、ここからしか見れません。

おそらく視聴者は10名に満たないはずなので、出演者の皆様

ご安心ください(爆)


トップページに戻る  釣行レポートに戻る  キャッツアイマリン