魚心釣心トップ

玄界灘  釣行記

途切れてしまっていた玄海灘釣行計画ですが、今回縁あって

お誘いいただき、数年ぶりにいってきました。

うちのホームページを昔からご覧の方には、ご存知の方もおられるかと
思いますが、今回、お誘い頂いたのは、元祖玄海灘、限界だな釣行
企画されたことでも名高い、レジェンド、荒らし呼ぶ男、HELLOさんなのであります。

HELLOさん企画とは思えない凪にでの出船となりました。

広いキャビンで、しっかりと寝させていただいて、七里海域に到着、
船長さん曰く、朝は潮止まりで、その後の流れ始めがチャンスとのこと。
確かに、最初のうちは、スロースタートな展開となっておりました。

が、後ろの方が、ハマチやヒラメを釣られたのを皮切りに、徐々に
お魚の匂いがしてきました。玄海釣行は、たいてい参加のヤマさん、
今回も、ヒラゴゲットです。
もう何年も来てるのに、未だに、ヒラマサとハマチの見分けがつかない
という、驚異の方です。おそらく、奥様が髪を切ったのとかも、絶対気づかない
タイプと思われます(爆)

で、僕はと言いますと、疎らながら鳥が飛んでいるのと、移動中に一回だけ、小さいヨコワが跳んだ
の見たので、とりあえず、トップを投げてました。にしても、かなり凪だし、気配がなさ過ぎよね〜とか
思っていると、突然、ボジョっとプラグが吸い込まれて、5キロくらいのヒラマサが釣れてきました。

おお〜居るね。と言うことで、調子にのって投げていると、今度は、でっかいのが二匹
取り合うように出てきました。トップのチヌやヤマメ釣りみたいに、魚の顔色見ながら、
アクションして、船べりぎりぎりでヒット!!11キロのヒラマサでした。

その後、トップへのアタリが相次ぎ、やまさんは、トップで2匹のブリを釣り上げて、え〜これって
ヒラマサじゃないん〜??となってました。

さらに、トップへの反応は顕著になってきて、さっきの11キロなどとは、比べ物
にならない大型のチェイスが見られるようになって来ました。
HELLOさんにも、イルカショーか?みたいな水飛沫で、ヒットしましたが、惜しくも
フックオフ。ジグを引いてたら、トップでヒットし、トップを持てば、ジグの人にアタリが
と本日いいとこなしのオヤジも、藁をもすがる思いで、トップを投げますが、チェイスは
あるものの、なかなかヒットに至らず、半泣き状態となってましたが、ついに
凄まじいサイズがヒット。僕は、さっとビデオカメラを持ち、RECボタンをすばやく押して、
カメラをオヤジに向けつつ、キャビンを覗き込んで、水深を確認、60メートル以上あることから
少々は糸出ても大丈夫と思うよと伝えました。

満月??のように曲がったツナロッド、時折、激しく悲鳴を上げるドラグ、そしてそれを
持つ釣り人は、完全硬直状態で、はたしてちゃんと呼吸してるかも心配な状態(爆)
それでも、始めのすごい突っ込みをなんとか凌いで、ちょっとリールが巻け始め、これは、もしかして
上がってくるかな?と思ったところで、フッと針が外れてしまいました。

あ〜残念といいながらも、これは、忘年会用にすばらしいビデオが撮れたと一人ほくそ笑んでましたが、
なんとこれが、RECボタンがちゃんと押せてない・・・。どうやら、焦っていたのは、オヤジだけでは
なかったようです。魚をバラスよりはるかに痛い失敗です。しばらく自己嫌悪でした。

その後は、潮も緩んだらしく完全無風もあいまって、魚からの反応は少なくなってしまい、
根魚や七里で鯛ラバしたら必ず釣れる白い鯛が釣れたりして、終了時刻となりました。
大学生釣り師のHELLOJr、僕のように釣りばかりではなく、真っ当な大学生活を送っていただくことを
願わずにはいられません(笑)

そんなわけで、今回の玄海釣行も大満足の釣果となりました。ただ、船の下には、
食い気のあるもっともっとデッカイヒラマサがかなり居ました。釣り人が僕たち出なければ、
数もサイズもこの倍以上であったであろうことを、付け加えておきます。

2014HELLO丸動画

動画です。前述の通り、もっとも面白いシーンは録画されておりません。釣るのが
いっぱいいっぱいで、いつも以上にクオリティー低いです。

今回の釣行を計画するにあたり、信じられないようなことが起こり、いろいろ思うところありましたが、
こうして、楽しい仲間が集まって釣りが出来る幸せを今まで以上に大切にしていきたいと思います。

おしまい

トップページに戻る   釣行記に戻る