6月某日 TonyMiha船長と瀬戸内クルージング

不景気な昨今 船を買ったから船遊びに行かないか?とのお誘いで
友達のファイアーファイター(ほとんど釣りはしない)と弁当と大量の
缶ビールを持ってTony丸(正式名称を知らないから便宜上こう呼ぶ事に
する)に行った。

港に着いてみるとすでに出向準備を整えたTonyMihaさんが待っていた。
遊園地のボートにエンジンが付いたような船かと思っていてけど、なんと
エンジンが2個付いた立派な船でビックリ 冷蔵庫もあった。横っちょには
長ーい黒いロッドが2本あったので松方弘樹の真似も出来そうだった。

ボルボディーゼル ?HPx2 

まだ新米の船長は、自分の操船が危険なのを知っているのか
自分だけボンベ式の救命胴衣を着用。

しばらく西走りに、やまちゃんのオヤジから仕入れた大サバポイ
ントに行ったのだが、どうも魚の機嫌が悪く、ホゴ 1 アジ 1に
終わった。それから船足を活かしてあちこちのポイントを周りなが
ら南下していった。

方々さまよったあげく超有名ブリポイントに着いた。ところがまったく
ジギング船はいない。やはり釣れていないのだ。ところが近くでなにやら
水しぶき。 ハマチのナブラが出た。
Tonyさん上の操舵室から11Fもあるシバスロッドをふりかぶった。
そして「何かひっかかった!!」 しばしのリーリングの後

ファイアファイターの網に納まったTonyさんのハマチ

ご満悦 これは透明のポップクイーンにきた。俺にはこれが無かったので
長時間ナブラをTony丸だけで責めたのだが、ボーズ
多分ベイトが小さかったので釣れなかったのでしょう。

昨晩の深酒がたたってベタ凪ぎにもかかわらずグロッキー
こんなんで火事と戦えるのか?彼も年かな? 翌日は我が家の
お茶摘みを手伝ってもらわないといけないのだ。

Tony丸の勇姿  

帰宅して俺たちの唯一の獲物で、消防士と夕食と反省会
ホゴは味噌汁が最高に美味い。かなりでかいホゴ
出刃と比較して欲しい。

ウロコを取り切って沸騰した鍋に入れ 味噌を入れて味を調える

出来上がり さすがにこれだけでは 酒の肴には足りなかった。
味は最高!!!!

後日うわさではその1週間後何とタモ網でナブラのハマチをゲット
したそうな   恐るべし TonyMihaさん 

どうもありがとうございました。またよろしく

釣行記に戻る メインに戻る