1月20日  出雲大社沖に出撃


波浪予報を見ていると、土曜日は凪ぎそうな予報なので慌てて,金曜日朝、幕島丸に電話するが、予約が一杯との事で思案の末 今度は 子ずちや さんの電話を調べ電話すると、空きがあるとの事。最近の釣果なんかは聞きもせずに即 3名分予約する。そしてあちこち電話 井原君が早速ヒット 後は最悪の場合次男のトオルを連れて行けば人数はそろうので、OKである。、夕方6時ころ電話して出撃出来るか確認した。その後 あつし君に電話して、渋るのを無理やり同行させることに成功。 

1時半に起きてあつし君を迎えに行き、一路出雲へ・・・4輪駆動のデリカであるが、ノーマルタイヤなのでチェーンを持っていくが、きれいに除雪され凍結も無く、5時過ぎには出雲市まで着いてしまった。
仮眠の後朝食を取り堀川河口へ行き、27ftの武龍虎丸(ブロンコマル)で出撃。雨が降り出した。

釣り場までは、約15分くらいで到着。  友島が小さく見える。この地方の釣り方は、反応を探してシーアンカーで流して釣るやり方で、結構長距離を流していく。
今日は反応が、少ないのかあちこちうろうろしてから、やっとアンカーを入れてくれる。水深75Mくらい。 しばらくやっても当りが無い。

 

 

 

 

 

沖のほうで魚が???と思ったらイルカの大群(パンダイルカ)が、船のすぐ近くまで来た。目がかわいい。・・・・・・・・ヒット・・・・なんとイルカに見とれてたら、来た。70cmくらいのマルゴ(ハマチ)   「イルカが来ると釣れない」は嘘かね??

白い波のようなのがイルカ なに イルカ居ないかわからないって??

 

 

 

 

 

その後あつし君にアタリ・・・・・・バレた。   そして俺にまた同型がヒット ここでトオルに場所を交代する。コートチェンジである。ところが代わった俺の方にまた同型がヒット。  なんか悪い気がするが、しょうがない。 1回だけトオルにアタリが有ったが、針がかりせず。 残念 
ふと気が付くと井原君が、ヤズを釣り上げていた。これは45cmくらい。 あつし君に再度ヒット。今度は慎重にリフトして無事取り込みに成功。

 

 
12時も近くなり、いよいよ最後の流し。  少しラインが斜めに入りだしたが、かまわず底だけシャクリをやってたら、ゴツンと来た。今までよりは少し大きいようだったが、ブリではないようで引きは結構強いものの上がってくる。後20Mくらいのとこで、竿が跳ねあがった。ラインブレーク。かならず何か落ちを付けて本日終了。 結局70cmくらいが、4本 ヤズ 1本 であった。大ブリは出なかったが、幕島丸は7kgを取ったらしかった。ラインブレークはダブルフリーノットとジグの接点の、ダブルになったとこが切れていた。不思議???

大雨で、井原君びしょぬれ、俺とトオルはチャックのとこから雨が入り、ションベンを漏らしたようになった。おまけにトオルの電話に水が入り壊れた。寒かったので、車に乗り込むとすぐ帰路に着いた。途中で出雲ソバの暖かいやつを食ったら、旨かった。帰りはあつし君が運転してくれた。雪が降り出して路面はシャーベットになり、4輪駆動にして帰った。午後6時ころ東広島到着。

それから,アフターフィッシング

道具をかたずけ、魚を調理して新年会へ。

焼酎おじさん、あつし、あつしの娘のユイちゃん、きし, 我が家のメンバーで急遽新年会となった。サシミ、あらだき、ズケ,カマの焼き物,その他 ハマチ尽くしで 旨かった。

焼酎おじさんは,完全に出来上がってしまった。

 

 

 

そして翌日 1月21日 出雲大社初詣のバスツアーにかみさん、友達夫婦と出かけた。2日連続の出雲参りは、どうかと思うが、家内安全、無病息災、亭主安全、海路安全、釣行大漁のご利益を期待してのことでした。 結構のんびりできて楽しかった。
途中、島根ワイナリーその他あちこちで、試飲,試食で結構酔ってしまった。このバスツアーお一人様\2100円 弁当付き  すごくリーズナブル

釣行レポートに戻る

メインページに戻る